teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


『OZOZ100特別記念号』の感想(長文)

 投稿者:ササキ  投稿日:2019年 6月22日(土)11時47分18秒
  まず表紙を見て「今風~」って言っちゃいました(笑)

自分基準になりますが、先輩から後輩まで、
まんべんなく各世代の漫画やイラストが見られたのが嬉しい。
本当にこの本を作ってくれてありがとうと言いたい。

アンケートの自分のコメントの文字の多さが恥ずかしく、
また作品も恥ずかしい。


以下最初から順番に、知ってる人だとわかるものを。


まず、圧倒的なプロフェッショナルのWe郎くん。
イラストだけの参加でしたが、ネットで本編が読めたので、
実質漫画作品で参加したような印象。
なのでそっちの感想になりますが、
8ページ(表紙があるから実質7ページ)で、驚きの展開がちゃんとあり、
変身のワクワク感と、攻撃(パンチ)の迫力といった見せ場も描かれていて、
友達を大切にする主人公のキャラや、テーマまで表現されているなんて……。
本当に「プロ」という言葉がふさわしいと、いつもながら感じました。


次はりんぱちゃん。
表情、動き、線、デッサンなどもすごいし、完成度高いじゃないですか。
やはり懐かしい会室に戻る話はいいですね。
会室の皆がかっこよすぎて笑いました。(ここの絵うまい)
あと珈琲銀河のコマもファンタジー感が表現されていて感動的。
今回の記念誌の作品としては理想的な内容。
わたくしめの表紙絵も使っていただき、恥ずかしいですが、
やはり嬉しいです。ありがとう。


横山タイタンのペンネームは知らなかったと思うけど、きのしたくん。
これもやはりプロレベルなので、もう絵については何も言いません。
昔の漫研の会室内での架空の女子会員たちの会話で、なるほどこの手があったかという感じ。
商業誌のレベルで描かれた会室や廊下が、作品内でのリアリティを持っているので、
懐かしいのにちゃんと作品世界になっている、ちょっと不思議な感覚になりました。
トマト煮の話も懐かしく、虚実混在のこれまたレベルの高い作品ですね。
(ん? 人物は架空でいいのか? 知らないけど実在する後輩だったりして)


東太郎さんの作品は、東太郎さんらしさがよく出ていて、
一番“あのころのOZOZ”を感じさせる作品でした。
全編笑顔で読んじゃいました。
「〇〇ではなイカ」のセリフがすごい好きです。
商店街に「肉のにゃかむら」の看板がありましたね。
完全創作世界のようで、こういうところが懐かしさに繋がってますね。


サーティセイバーのイラスト、たしかに一光さんの代名詞ですね。
懐かしいです。
昔より表情が柔らかいくて、ふっくらした感じ。
上手いのは言うまでもなし。


のむらさんも漫画を描いて下さって嬉しいです。
この記念誌の“貴重度”が増す感じがします。
のむらさんらしいキャラクターが、ラフで生き生きした線で簡素に描かれ、
洗練された世界観だなと感じます。
コンピューター用語でしょうか、私にはちょっと難しい言葉がでてきて、
それもまた昔ののむらさんの硬派なSFワールドのようで懐かしい感じがしました。
2ページ目の真ん中の眠る感じの女の子の絵、いいですね。


あきがみきぼうこと、やいさんのイラストも貴重ですね。
改めて「35年前のOG」ってやっぱりすごいですよね。
先輩方の似顔絵、懐かしいです。カコさんかっこい。
安島さんのうじゃもなつかしい。ご本人の見たかったですね。
OZOZノートのような、こういうページがもっと欲しかったですよね。


てらさん、イラスト超うまいじゃないですか。
ずっとイラストを描き続けているんですね。
丁寧に描かれていてすごいなと思います。
ちなみに1975年入学になっていますが、85年の間違いですよね。
てらさんなら一旦75年に入学してそうな…(^-^;


そしてほりちゃん。
やっぱりかわいらしいイラストですね。
ちょっとギザギザタッチにしつつも安定した描写力。
毎回毎回、絶対に、ほりちゃんらしいかわいらしさを
出せるってすごいですね。


さて、個人的に一番の嬉しい驚きは、われらが金さんが、
なつかしの桜ふぶきのペンネームで、5ページフルの
内容の濃い漫画作品を描いて下さったことです。
茨大の正門から見た風景、よく描けてますよね(記憶ですか?)。
目の前に映画の画面が広がったように、
あのころの世界にぐっと持っていかれました。
僕らの世代が入る前の話ですが、だいたいわかる先輩たちなので、
なつかしさもありますが、最初のやみなべが出てくると、
“歴史”って感じがします。
写真、けっこう誰かわかるけど、わからない人もいる。
見たいなあと、思ってしまいました。
(コミケの方は、うちの奥さん持ってるかも…)
「やみなべは何がでてくるのかわからない同人誌を
目指したネーミング」と書いてあって、
この記念誌の最後の後輩のイラストに「森羅万象」を“やみなべ”と
読ませていて、ちゃんと伝わっていてすごいなあと思いました。


アンケートのペンネームで、もしかしたらわかりにくいかな?
というのを補足で。
同期の人はわかると思うけど、藤加羅(ふじから)は、
旧かのちゃんこと、やまがたさん。
あと、懐かしのペンネーム蒼馬桃吾は、
旧さかのさんこと、あきばさん。
2年生からの参加だったんですね。
多分聞いているんでしょうけど、そうだったんだって思っちゃいました。


漫研立ち上げ初期の金さんから始まる、80年代のパイセンパワーが、
ちゃんと入っているいい本になったのではないでしょうか。
ぼくらにとって、本当に懐かしくてうれしい本ですが、
この本を企画した後輩たちとっても、100号の歴史が入ったいい本に
なったのではないでしょうか。
りんぱちゃんや金さんが、ちゃんとあのころを振り返る作品描いてくれてよかった。
自分はふざけた漫画になってしまってすみません(^^;

以上、長文失礼。
 
 

OZOZ届きました

 投稿者:ほりともみ  投稿日:2019年 6月22日(土)11時21分14秒
  届いたんだけど、なんとなく気恥ずかしくてちゃんと読めない(#^.^#)  

ご無沙汰しています

 投稿者:We郎  投稿日:2019年 6月21日(金)20時48分41秒
  ご無沙汰しています。

うちにも今日届きました。
皆さんの懐かしい絵が見られてうれしかったです。

とはいえ、連絡がリズムよくつながらなくて、まだお金払ってないのですが^^;

皆さま、色々と有難うございました。
僕は楽しかったです。
皆様も同じ気持ちであると思ってます^^
 

お久しぶりです

 投稿者:Mako  投稿日:2019年 6月21日(金)11時11分50秒
  今日届きました。
懐かしい皆様のお顔?がみられて幸せです。
アンケート1回しか出してなくて、ほぼ参加してないのに1ページもらっちゃって申し訳ない気分です。
イラスト位頑張ればよかった。描けませんけど。
本ができるって嬉しいですね。

 

悪魔の誘い率の高さ(笑)

 投稿者:ササキ  投稿日:2019年 6月21日(金)07時00分23秒
  自分も最初、偶然重なったのかと思って笑っちゃいましたが、
アンケートの選択肢に入ってました。
勧誘、友人、看板、悪魔の誘い、その他、です。
それにしてもこの「悪魔の誘い」の的を射た感じは何なのでしょう?

大学生というのは、学問にいそしみ、社会に出るための準備をする場であり、
しっかりとした大人へと成長していくためのステップであるはずの場であるのに、
「漫画が好き」というのは「道をはずれた邪心」とでも言うのでしょうか。

漫画研究会は、皆「漫画が好き」という感覚で結ばれているがゆえに、
後ろめたさを忘れ、安心して満たされていく場所。
自分の居場所としか思えない、邪心が深く満たされる場所です。

「悪魔の誘い」というと、
最初から悪魔の誘惑を意識して入ったような感じがして、
そんなことはないと思い「その他」を選び「決めていたから」と書きました。
小学生のころから「ときわ荘」にあこがれていて、同人活動や漫画研究会には
それがあるだろうと思っていたのです。

入ってみると、期待以上に楽しい居場所で、自分の心のよりどころとなりました。
でも「悪魔」という言葉を見ると、漫研の楽しさの中には、
悪魔が確かにいたように思います。

なので本当は、入るときには気が付かなかっただけで、
見えない悪魔に導かれていたのです。
つまり漫研に入ったきっかけは「悪魔の誘い」以外には考えられないのです。
ただ、あまりに的を射すぎていて、逆らいたくなって「その他」を選んだだけ。

漫画研究会に悪魔を感じられない人は、
それほど漫研にハマらなかった人ではないでしょうか。

以上「漫研は悪魔だ」説でした。



大きく言って、その流れとも言えなくもないのですが、
わたくしの近況は、失業保険をもらい始めました。
しばらくのんびりしたいと思っています。

学生のころから「ササキさんどうかしてる」「大丈夫か」と
思ってる人も多いと思いますが、こういう状況にはわりと大丈夫です。
家族の不幸感を出したくて、記念誌に近況を書いてしまいましたが、
ぜんぜん幸せな家族をやってるつもりです。
外から見たら悪魔に支配されているように見えるでしょうが…


現在、自分の中に眠っていた悪魔が、蘇りつつあり、
誘惑がすごいという状況です……(^^;
 

届きました!

 投稿者:しずね  投稿日:2019年 6月20日(木)23時41分32秒
  今日、届きました!
もう、嬉しいの一言です!
さちを先輩、お声掛けありがとうございました!

悪魔の誘い…私も書いちゃいました笑
いや、本当に誘われたんですよ、悪魔に。
私は余目の悪魔と呼んでいますが笑
お元気かしら?

それより、さちを先輩の近況の方が心配です…。ファイト!
 

届きました!

 投稿者:りんぱ  投稿日:2019年 6月20日(木)23時19分40秒
  今時のOZOZはこんな高級感あるんだべかー?
とまず外観に感動。

内容はこれからじっくり読むので感想はおいおい…。
なんか会室でお互いの作品をあーだこーだ
批評しあったのを思い出しますねぇ。
今回はただただ嬉しくて、楽しくて…。
ありがとう、って会長さんはじめ発行を
実現して下さった現役の皆さんに
お礼言いたい感じです!

あ、そう言えばペンネームが大学時代とちがう人、
誰だんべ?ってそれだけが分かりませんでした。

それと一つ素朴な疑問です。
漫研に入ったきっかけが悪魔の誘い、っていう答えが
自分も含めやたら沢山あったのですが、
これって三択とかでした?

もし偶然の一致だとしたら背筋寒いです。汗
 

OZOZ100特別記念号

 投稿者:ササキ  投稿日:2019年 6月20日(木)13時27分54秒
  今朝届きました。
感想まとめ中です。
 

ほんとだ、ひと月過ぎてる

 投稿者:ササキ  投稿日:2019年 6月16日(日)05時50分24秒
  まあ、気長に待ちましょう(^-^;
(…と言う時の笑顔が少しぎこちなくなってたりして)


OZOZ100号用漫画のネームより
 

メール来ましたよん。

 投稿者:りんぱ  投稿日:2019年 6月15日(土)15時26分55秒
  ひと月ほど前だったかな?
メールが来たので届け先住所等
返信しました。

ただ今首長竜でぇす。?
 

レンタル掲示板
/215