teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


トマト初収穫

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月 1日(日)18時21分3秒
  トマトが赤くなり始めた。ここからは毎日の収獲となるだろう。今は良いが段々嫌な顔を
されるんだろうな:笑。
場所を変えた事と、石灰を気を付けて与えた事で尻腐れも無くミニトマトと同時収穫となった。
この時期になってもスーパーで売っているトマトの価格が下がらないから少しほっとしている。
「間に合った・・。」

露天キャベツが虫食いにあっていたので、防虫網をめくって虫取りをした。以前購入して
あった20センチ以上あるピンセットで青虫を捕獲したが、思っていた以上にその数に驚いた。
さなぎになっているものも含め一つの穴で平均6~7匹はいただろうか・・もっと多かったかも
知れないな。一度取り去ってから再びチェックしたら、これまた見つかる事・・まるで絹サヤ
を収穫している時の気分だった。全部取ったと思っていたのに・・である。
面白かったのは網をかけようと思ったら、何匹か青虫が地面を這っていた。それが、どれも
畝に向かって動いていた・・キャベツの方向が分かるみたいだ・・そのセンサーどうなってる?
これで暫くは大丈夫だろうが・・多分、地面から湧いて来てるんだよなこれ?
ハウスの白菜は二個の収獲で終わってしまった。虫食いに枯れが入って収穫は諦めた。
明日にでも捨てようと思っている。白菜はどうしても上手く行かないな・・。
「白菜って冬の野菜でしょ?」息子は言うが、そうなんだろうか?冬用に作っても上手く
行った事も無い。まして、丸まるのを待っていると「枯れ」が始まってしまうんだ・・。
キャベツは何とかなっているが白菜はワシには鬼門だ。

ナスも初収穫したが、去年の様に実が大きくなっていない。しかし見るからに「成熟果」なんだ
よなあ・・。植える種類を間違えたのか??苗もやたら育成が悪かったし・・今年はハズレだ。
 
 

ニトリ N クール敷きパッド「

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月 1日(日)02時28分19秒
  珍しく息子から電話・・「ニトリに敷きパッド買いに行きたい。」との事。
寝苦しい夜が続くのでNクール商品がほしいのだそうだ。車で迎えに行ってニトリへ・・。
しかし極冷と強冷は売り切れ・・棚に一枚も無い。皆、考える事は同じって事だな。
特に今年は異常な暑さが続いているからなあ・・。ただの冷用品は沢山あるけれど、息子曰く
「最初のさわり心地はひんやりしても、熱がこもって使えない。」んだそうである。
久し振りに空っぽの商品棚を見た気がする。

諦めて、新たに出来たジョイフルに寄ってみた。DIY専門になっていて、木材や工具などは
屯田に行かなくても入手可能になった。ただ、コンパネの価格はちょっと高くない??
同価格であるなら随分値上げしたもんだ・・。垂木とか胴縁も気楽に買えるので助かる。
屯田だと思い切らないと行けないもんな・・。
農業資材はホーマックにもあるんだけど、やっぱ屯田のジョイフルの方が感覚は合ってるんだ。
二階は工具や機械の売り場になっているが、昔(SANWADO)を思い出して懐かしかった。
変な食品屋が入る前はこんなだったなあ・・と。品ぞろえがクソになって来なくなったもんな。

畑に行ってキャベツとレタスにメークイーンを土産に持たせた。会社組織が変わって来ていて
かつての様に調理したりする事は無くなったのだと言う。やっている仕事の方向が様変わり
したそうで、まあ、生き残るのに会社も必死らしい。救われるのはブラック企業ではないって
事かな。まあ、9月までは休みは無いそうだけどね。

もう今日から八月だ・・・殆ど雨の無い乾燥した灼熱の七月も終わった。あと半月で秋だ。
ここからは収穫だらけとなる。
 

一年桜、刈られる

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 7月30日(金)18時00分50秒
  午前中、ジャンボに行ったら農道脇や川までの河川敷に市の草刈り隊が来ていた。とても丁寧に
刈って行ってくれるので有難い。
今年はついでに春に植えた「一年桜」が見事に刈られていて唖然とした。枯れたみたいな去年
の桜は難を免れたが・・刈るならこっちの方がよかったのに:涙。
雑草の中にこんもり土を盛って区別できる様にしていたつもりだが・・それだけじゃ駄目だった
みたいだ・・。今度木を植える時には周囲に杭でも立てて完全に保護しておかない駄目だなと
思った。これを責める事は出来ないダロ。

水遣り後、唐辛子に水をやって根元に土掛けをした。両脇の草も取り去った。
「豆類は短い棒を刺して結んでたよ。」と女房が言っていた。藤原さんがカットして置いて
行った竹が沢山あるので、それも可能なのだが作業としては炎天下でやる作業ではない:笑。
それで、大豆と同じに根元に土を盛ったのである。
既に数か所、風に倒されて横になっている唐辛子があった。これは根が穴のすぐ下から
始まって、根元一点で支えているからに他ならない。風が強いと折られてしまう。
土掛けすると力学的にも全く丈夫さが違って来る。可動支持と固定支持の違いとなる。

まあ、全て機械機能と同じとはならないが、棒の両端A点とB点、各7ベアリング一個で
押さえたモデルを考える。棒の太さをφPと仮定しよう。棒はA・Bプラス出っ張りa及びb
としてA+a+B+b=L0とする。A ・B 間はL1とする。
A・B の中間に重りφМが付いていて、重さはМ+軸重量だ。これをベアリングで支え
ている。
軸はその重量で少し撓(たわ)む事になる。この軸を回すと回転数が上がるにつれて
Мの回転慣性8ジャイロ効果)で撓みは無くなるが、ある回転数に至ると軸の弱さでМが
撓みを引きずって軸を撓ませながら回転するようになる。ここが危険速度と呼ばれる。
これを避ける為には軸を太く強くするか、A ・B 間を短くして撓みを少なくするなどの方法が
考えられる。が、考え方をちょっと変えると同じ様な条件で簡単に丈夫に出来るのだ。

A 及びB  のベアリングはそれぞれ1個づつ。これだと軸の撓みに大して一点なのでX的に
軸は動く。軸端aと中心のMは常にベアリング点において反対に振られる・・鼓(つづみ)の
様な運動をするのである。これを可動支点と言う。
そこで、ベアリングを各1個増やしてA・B2個づつのベアリングを使うと仮の「固定支点」に
変るのである。ベアリング同士の短い直線ではあるが鼓の様な運動を防止すると共に撓みを
小さくする事になり同じφPであるのに強度は増すのである。本来材質強度などmぽ関係
するが、単純モデルでも5~6倍強度が増す。仮としたのはベアリングで支えているだけで
横ずれは防止できないので壁に埋めた様な本来の固定では無いからだ。

土掛け前の苗木は可動支点、土掛け後は固定支点と言う条件の違いになる。所詮土なので動く
ものだから完全固定とはならないが、それでも状況は全く違う物になる。それと埋められた
分風に押される苗木の高さは短くなるから風耐力も増すと言える。
棒を刺して苗木の上を結ぶと下と上の2点支えとなって固定できる。土掛けは片支えの強度増し
方式なので条件は棒にははるかに及ばない。雨でも降ったら泥に変って根こそぎ倒される心配
もあるけれど、そこまでの悪条件であれば棒支えも壊されるだろう。
根元に土を掛けるだけ・・だが、やるとやらないでは雲泥の差があるのだ。因みに捨て苗
トウモロコシは土掛け後一本も倒れていない。狐には倒されたけどね:笑。
小屋のトウモロコシは倒れぎみなのも出ているが周囲の網に寄りかかって問題ない。

来年は狐対策として防鳥網を三角テント様に張ってみようかと思っている。200mもの長さの
全く使っていない防鳥網・・少しは狐は退いてくれるだろうか?
小屋はまた別格なので、それは続ける。捨て苗畝とは思っても、やっぱり狐にやられるのは
気持ちの良いものじゃあない。
以前はかぼちゃもやられたので、そろそろウリ畝も網を掛けようかと考えている。
スイカもそこそこになってきたしね。
 

デストロイヤーはまだ花が終わってない

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 7月28日(水)19時20分5秒
  男爵にメークイーンは掘り終わっているのに、掘りに行ったらデストロイヤーはまだ半分近く
花を咲かせていた。10穴程掘ってみたが、大芋は殆ど無く中小ばかり・・まだ早いのだ。
いかに品種が違うのかよ~~く分かる。花は終盤でくたびれているけれど乾燥にうなだれ
ながらも咲いている。
台風8号の影響もほぼ無く、雨予報は十勝方面だけである。いい加減水運びも嫌になるが、
葉物類はやらなきゃ枯れてしまう・・。キュウリは負けてしまった様で実をつけながら萎れて
しまっている。ナスは小茄子程度に実をつけているが朝夕水をやってても葉は萎れかかってる。
レタスが一番元気だが丸くなってるのか未確認だ。防虫網を開かなくては分からない。
キャベツはしっかりしているが、白菜は虫食いが多いのでためらってしまう。
先日採って来たのもまだ野菜庫の中に残っている。このところ食生活が乱れまくっている。
30℃を越えているのだから仕方ないな・・。ご飯・味噌汁は週二回程度になってる気がする。
今日もパスタみたいだ・・麺ばかり食べてる気がする。ご飯党のワシだが、女子陣に敵う訳
もなく黙々と食べるだけだ。

小学校一年生の時、学校を上げて「東京オリンピック」の映画を見に行った。TV観戦もしていた
けど、映画の方が印象は深い。二度目の「東京オリンピック」。始まったのだから今更文句
言っても始まらないと思うのだが、中止に持って行きたい輩が、まだ騒いでいるようだ。
コロナの五次が始まっているが、これが五輪の影響とは思えない。なにせ4連休から始まる
子供達の夏休みや、散々飲んで野外で拡散行動を止めなかった馬鹿ども、自粛要請を無視する
大人ども・・。40代50代が増えているのは五輪のせいじゃないだろ。
いい加減に「行政が悪い」と言う他人避難は止めて欲しいものだ。気が緩んでいる「おまいら」
のせいだってばよ。
 

大量ヤングコーン

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 7月27日(火)19時52分27秒
  午前中に水遣りに行ったら、トウモロコシが更に酷い事になっていて、被害を受けたキビを
踏み倒して行ったら残ったのは1/3以下・・参った。罠でも仕掛けてやろうかと思ったが
その苦労は割りに合わない。一応唐辛子を増やして実にも掛けたりしtけど・・う~~ん。

午後一でワクチン接種にツドームへ。いやはやスタッフの多さに驚いたのと、儀式のまあ
細かい事・・スタッフの方が大変だと思った。倒れないでね・・。
射った痛みは次の日に出ると女房に言われた。うん、今頃になって肩に違和感を覚えて来た。
ワクチンは「モデルナ」と言う奴。女房は「ファイザー」だった。次回は一か月後。
射ってから15分位様子見とか言われて待機させられたけど、40分程度しか掛かってなかったな。
あっちに待機・こっちに待機と何度も移動させられた割にはスムーズに終わったけど、この
雰囲気でスタッフは続けているのかと思うと「大変だなあ・・」と感謝してしまう。

昼の番組でヤングコーンをサラダ感覚で食べていた。それも結構でかい奴。
ああ、こりゃあいいな・・と言う事で夕方の水遣り時に荒らされずに残ったキビからコーンを
採って来た。試しに2分電子レンジで温野菜にしてオーロラソースで食べたが思ったより
食べ難かった。スライスしてからの方が良かったかな・・。
先日凍らせた奴をお好み焼きに混ぜて食べtけど、案外いけたので今回のも冷凍保存しながら
食べようと思う・・ただ、量からして娘に嫌な顔をされそうではある:汗。

ついでなのでマクワウリ(アジウリ)の大き目なのを数個採取してきた。ツルが枯れて実が
剥がれ落ちる時期ではまだないから、家で熟成させようと思う。
スイカも早いのは15センチ程度に育っている。大きく育ってくれるのだろうか?
 

狐被害

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 7月27日(火)01時29分51秒
  まだ実がロクについてもいないこの時期にやられるとは思っていなかったが、トウモロコシの
捨て苗畝が一部狐に荒らされた。かじられたキビは全部足で倒し折った。10本以上やられた。
頭に来たので唐辛子を砕いて周辺に蒔いた。更にストチューをがっぽりいれた水を畑の外周に
蒔いた。唐辛子は効き目があるようで、ネズミを埋めた時に蒔いたら掘り返さなくなった。
明日、更にストチュウを広範囲に蒔いてやろうと思っている。

被害を受けるのはこんな早い時期ではなく、今までは実入りがなってからが殆どだった。
ただ、どうも狐はトウモロコシを喰いに来ているのではなく、背丈のあるキビを攻撃して
いるのだと言う。なので広範囲に植えられた畑には恐れて近づかないそうだ。ワシの畑の
様に小規模で「勝てそうな相手」に喧嘩を吹っ掛けるのだと言う。ホントかどうかは分からない
けれども、また来るのは確かだろう。所詮犬族だから「鼻よ曲がれ」である。
本命の小屋の方に被害は無い。

明日、一回目のワクチン接種がある。ツドームでの集団接種だ。ここまで来たら受けるしか
ないだろうな。感染拡大が五輪のせいとか言ってる奴がいるが、んな訳あるか:笑。
接種を受けた老人の感染数が確実に減っている。なら受けるしかないべえな。
ワシはワクチンと言うのを信用していない。あまりに「いい加減」な世界だからだ。
健康な人間に薄かろうと病原体を入れる・・全体的には効力があっても、その枠から外れる
人間が「必ずいる」からだ。100%安全とは言えないのがワクチンだ。子宮頸がんワクチンは
100人に一人、つまり1%が妊娠できなくなる危険性があるに関わらず政府主導で打ってたり
過去何度もワクチン被害が報告されているのに「有効だ」で済ますのが現実だ。
特に、日本は何度も騙されて来たし、危険なワクチンしか供与されなかった過去がある。
今は大丈夫・・なんて事は無いのに「みんなで射てば怖くない」的に進められる恐怖。
インフルエンザなどもワシは打たない。子供の頃は知らずに流されるまま受けたが、調べるに
従い、結構高確率で危険なワクチンが出回っていて、陰の報道は殆どされていない。
信頼できない物を受け入れるべきか・・。ワシ一人が掛かる掛からないなら射たないが、この
コロナは無症状で潜伏し、他人に知らずにうつす可能性もある訳で、諦めた格好だ。

「予防接種」と言うのは聞こえは良いが、関わりの無い人間が自ら関わりに行く・・と言う
面がある。100%信用しているならそれで良い・・好き好きだ。アナフラキシーショックで
大変な目に合うのはほんの一握り・・。あのね、万が一と言う言葉があるけれど1万人に一人が
小さな数と思うから「気にしない数」と言う事で、札幌は200万人だから200人はその確率で
負を背うと言う小さくはない数である。最近、1000年に一度の・・と言いまわしするマスコミ
が増えているが、その1000年に一度の一は明日かも知れないと言う何の根拠も無い言葉だ。
大津波に依る被害なんて、そんな珍しいものではない。かつて松前大島が噴火して道南一帯が
根こそぎ被害を受けている。現代だから被害の範囲を正確に把握できるが、情報の無い過去の
何を根拠に「1000年」とほざいているのか・・と言う事だ。したら2000年前にはあったのか?
事の重大さを文字であらわそうと「いい加減」な事を言う。
ワクチン・リスクを避けるには「関与」しない事が一番だとワシは思っている。だから国が
「全員射ちなさい」と言うものには「関わらない」事が最も「安全」と言う認識だ。
無症状での潜伏菌保持者の可能性が自分にもあるなら・・今回は受ける事にした。
インフルエンザ程度のものなら無視したんだがね。

日本と言う国は適当な事を簡単に言う。「今後100年は保証します。」とかもう嘘だらけ。
六ケ所村が60年だけの放射能廃棄物保管を受け入れた・・とある。ええ・・60年後に関係者
は多分死んでいるだろうし、国の情勢の変わらない保証もない。まして60年後に何処に移す
かの宛ても無い約束・・はは、笑っちゃうよね。日本人特有の問題先送り。
好きだよねこの国。廃棄物処理は二万年先の人類の為に・・って簡単に言う。あのね、人類に
文明が目覚めて数千年、近代なんざ200年300年の話だし、現代は100年経って無いダロ。
人類が今突然消えてしまった場合、人類の痕跡が消えるのに数百年・・そんなものだ。
SFで数千年後に残された人類が過去の遺産を掘り出して・・とか勝手な想像をしているが、
少なくとも文明の痕跡が消えるのに200年程度しか掛からないそうだ。コンクリートや
プラスチックや金属の構成物は粉塵に帰す。ピラミッドの様な石の構造は残っても現代が
作りだした物の殆どは消えてしまう。
この100年で今の生活が営まれている訳だが、未来が進歩して続いて行く保証はない。
30世紀・・とか訪れるのかどうか。二万年前・・えっと、見事な石器時代です:爆笑。
 

トラクターを入れる

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 7月25日(日)01時47分17秒
  午前中、水遣り後メークイーンを半分掘った。残りの嵩も同じ位であればメークイーンは
ミニコン1個と1/3程度になるだろう。全部掘る?冗談じゃない・・炎天下でこれ以上土木工事
したら熱中症で倒れるダロ。
夕方、水遣りの後で茶豆(枝豆)の土掛けをしようと思ったが、雑草が気にかかったので
トラクターを走らせてジャンボ裏と100m畑の畔(畝以外)を耕した。今日はそこまで。

昼に戻ったら「食欲がない~」と言ってぐったりしてる。あ~こりゃ飯抜きだなあ・・。
下でアイスクリームとフライドポテトにフライドチキンに団子・・これなら何とか食って
くれた・・・。やべえな・・夕飯はあるのか??
案の定、夕方にも「食欲ない~~」が始まった。仕方なしに残り飯でおかゆを作る。
ハウスで採って来たパセリと卵で「らしく」して、下で漬物などを仕入れ、なかなか食って
くれない自家製キャベツで味噌汁を作る。オリンピックを見ながら夕食・・。
・・これ絶対暑くて動きたくないだけだよな~?

さっきフライドポテトを作っておいた。これなら朝に面倒がらずにつまむだろ。
食べないとホントに夏バテしてしまう。
 

アルトが来た

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 7月23日(金)23時46分12秒
  朝から水遣りの後にジャンボ-ハウス間の露天キャベツに防虫網を掛けた。色を失い、生命力が
無くなったかも知れないと思っていた苗も、毎日の水遣りが功を奏したのか順調に育って来た。
ここまで来ればただ虫に食われるのもしゃくだ。12尺(3.6m)の胴縁をつけた防虫網がまさに
ピッタリの寸法で笑ってしまった。丁度作業を終えたら師匠から携帯が鳴った。
家に戻り、やって来た師匠を工場まで送った。

久し振りにアルトを突っ込み、その後ろにサクシードを止める。懐かしの二台体制だ。
アルトにもETCを移植して貰ったので高速でも使える。最も、サクシードは東京海上日動
なので、走行距離を気にする必要も無くなった。アルトは年間3000キロ以下での契約を
するつもりだから、殆ど走行させる気はない。

32℃の炎天下で作業をするつもりは無いので、夕方4時過ぎに水遣りに行った。
今日は露天キャベツの隣の長ネギ捨て苗畝の草取りとペグで穴を明けての水遣り。そうして
土掛け作業。三角畑の先端の長ネギ畝はそこそこ育っていたけど、この畝の苗はまだまだだ。
ただ、思ったより消えた苗は少なかった。いい加減・・雨降ってくれないかなあ・・。
来週の予報にも傘マークは一個も無い。台風も来るんだか来ないんだか・・。

オリンピックにケチをつけてる外人さんがニュースになってたけど、日本のおもてなしが悪い
ってロシア人がわめいてるらしいが・・んじゃ、帰れば?状況分かってる??お国じゃお大臣
扱いかも知れんが「何を言ってるアホが」である。
海外からの選手団が規則守らねえ・・って・・当たり前やん。言う事聞くの日本人か貧乏国
から来て日本に驚いているカルチャー・ショック組だけでしょうや。所詮どの国のアスリート
も殆どが脳筋のバータレ・・だいたい「規則・モラル」なんてのは持ち合わせてる訳ないやん。
こういう状況で開催するのは将来的に有効だと思う。上手く行く行かないは多分関係ない。
開催しようとしている国と邪魔しようとしてる国や協力的な人間にお国柄・・全部分かるやん。
非常事態に一番「人間」が分かる。マスコミの出方も分かる訳だ。
文句を言うのはたやすい。ロシアの選手団はいかに信頼性の無いバカなのかが見えている。
別にメダリスト確実な人間がいなくても競技で買った者がその五輪でのメダリストだ。
文句があるならロシアに帰えれば良い。過去にモスクワ五輪に日本は不参加した事もあるやん。
「なんだ、このおもてなしは・・」やかましいクソ野郎。TVもねえ?お前、日本語分かるの?
ノートPC位持ってねえの?競技やりに来たんじゃねえの?・・どこのガキだ。
 

泥岩になった?瓜畝・・・

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 7月21日(水)17時21分40秒
  午前中、ETCカードの申し込みなどもあってバタバタ、午後から畑へ水遣りに行った。
ハウス内に水遣りしてからウリ畝に水遣りする前にペグ穴を明けようとしたら・・固い:汗。
めいっぱい力を入れてもペグが通らない・・んじゃこりゃあ??
先日、ハウス横の盛り土に大葉の苗用に穴を明けていて、途中固い地面に当たった。そこで
ハンマーでペグをぶち込んで穴を明けたが、今回、同様の締った泥岩状態になったようだ。
ウリ畝は一家所に3~4個の穴を集中して明けて、まとめて「穴」としている。その分乾燥する
面積が大きくなり全体的に締まってしまったみたいだ。このところの長い乾燥で泥が厚みを
増して岩盤みたいになったのだろう。穴一個だけなら周囲を含んで固くなってもたかが知れて
いるけれど、直径20~30センチの範囲で形成されると多分こうなるのだと思われる。
来年からは同じ形式を採るなら、固まらない腐葉土などを表面に使うのが良いかも知れない。

平成貝塚で石灰で様々な物を石灰岩化してたが、余程大量の砂などを混ぜない限り岩になった。
現在の畑の土に、半端に砂をやっても「無駄」と考えている。何度も表面を耕され、沈んで
しまった「砂」を掘り上げれば若干マシになるような気もするが、プラウが無い現在は
確かめる事も出来ない。
秋に一部の畑を30センチ程度掘り下げて、土の手っ繰り返しを試してみようとは思っている。
小型テーラーでは下の固い土を掘り起こす事は難しい。トラクターを入れ、テーラーを走らせ
てから、それらの土を取り払い、固い地面を出してトラクターを入れる・・それをまた寄せて
・・という、単なる土木作業だ・・無論スコップでの手作業・・。
この作業は狭い範囲での一部分であればサツマイモのミルフィーユ畝作りでやっている。
これを広げてやるとなると半端でない作業になる:汗。
大型又は中型のプラウはコスト的にも無理だからホントに小さなユンボなんかが欲しくなる。
・・・土木屋じゃねえか:笑。でも、ヘタな農機具よりも有効かも知れないな。

男爵畝の残りを全部掘って終わらせた。最終的に嵩はミニコン一個弱。半分以上は花が終わって
直ぐに掘ってしまったのでこんなもんだろうな・・。メークイーンは丸々一本残っているので
予想では一個半。デストロイヤーは多分二個を越えると思う。
昔、実家から芋を貰っていた頃、半年でミニコン半分程度の消費だった。自分で作る様になり
塩煮などをするようにはなっても、その倍が関の山だと思う。
余る位が丁度良いとは思うが・・三種類同時だと作り過ぎの感じはあるな・・。
 

集団接種

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 7月21日(水)09時44分47秒
  ツドームでの集団接種の予約が午前9:00から始まるとの事で、9:00まで待ったが時間を
過ぎても待合室ページさえ開かない。
「どれどれ・・」と女房がパッドで検索を始めたら、簡単につながった・・あれ?
結局、スイスイと手慣れた感じでワシの予約を終えてしまった。ちょいカルチャー・ショック。
部屋に戻ったら、開かなかったが画面が開いていたので「確認してみて・・。」と女房に
促され予約済みになっているかの再確認をした。予約番号を入れ間違ってしまうトラブルが
結構あったらしい。
それにしても、結局我が家で一番ネットウンチなのがワシだと再認識させられてしまった。
なにせWI-FIすら扱えない前世紀親爺・・もうガラ携も無くなるので、どうしてもスマホに
移行するしかないらしい。AUから頻繁に案内が届いている。また一つの時代が終わるんだ。
「携帯電話」を持ってから、まだ30年ちょっとしか経っていないのにね。
PCだってMS-DOSから始めたの30年前だよ・・。当時は最先端を走っていたもんだが・・。
「時代に置いて行かれている。」感は10年以上前からあったが、もう出涸らしだね・・。
 

レンタル掲示板
/256