teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


発熱いている・・37.7℃

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月25日(水)10時16分39秒
  昨日昼にモデルナの二回目の接種をした。夕方に掛けてやたらだるく居眠りは夕食まで続く。
単なる寝不足とは違う気がする。接種した右肩の鈍痛が広がって左腕を持ち上げるのに痛みが
走る様になった。これは上げる時だけんので筋肉の伸縮の力が入る為だと思われたので一応
左腕を持ち上げない様にした。
夜中に尿意をもよおして二度ほど目覚めた。朝になり朝食を取ったがなんか不味い・・味は
あるが腹がむかむかする。
今朝は雨だったが、昨日一度も行っていないのでジャンボに行った。なんだろう気だるい。
耳奥で耳鳴り・・ああ、これ発熱してるかもね・・。
帰ってから計ると37.7℃・・女房からバファリンを貰う。今日は大人しく養生だな・・。
ああ、女房を駅まで送ってからね:笑。

予防接種とは発祥しない程に薄めた病気を注射や投薬で体内に入れ抗体を作らせると言う事。
つまり抵抗力が弱くなっていたり、身体が適合しなければ発症するのでる。
熱がでたと言う事はワシの体の中でコロナ菌と言う異物と戦っている証拠である。
感冒に効く薬品は存在しない。元々「感冒」などと言う固定された病は無い。「風邪」と
呼んで症状に合わせた対処薬が存在するだけだ。コロナも「風邪」である。悔しい事に
肺炎を引き起こす質の悪さなので世界的に大変な目に合っている訳だ。重症化したらインフル
も同じだ。呼吸は吸いこむより吐き出すのが難しいのだそうだ。伸びるよりも肺が縮まる
方が力が要る・・らしい。また、免疫が上手く作れないと糖尿病など免疫疾患があると
他の病も併発してしまう可能性が高く、知人も持病に糖尿病を患っていて亡くなった。
一度治り掛けたが、再発熱して二日程だったらしい。遺骨になるまで自治体の関係者以外は
一切合う事も出来ない。あっけなく、また悲しい事である。

忘れがちだが、保菌者の数をやたら「報道」の中心に据えているのだが、簡易検査やPCR検査
が検査数が増えれば増加はするのが当たり前で、無症状の保菌者が巷に放置されている以上
僕末など無理である。確実に減らすには緊急事態宣言などと言う後手後手対処では減る事
などあり得ない。つまり、平行移動するには検査数が高止まりした時に起きる。
全国加算検査数が一律平均化すれば、その時に「増減」の傾向が判明すると言う今のところ
検査数が増えれば保菌判明者数は当然上がり続ける。
唯一対抗できるのは発症しても治すための「対処薬」だけである。発症したなら対処する。
これしか日本のやり方で減らす事は無理である。
いついつ検査を受けたから大丈夫・・なんて思っても、それ以降に保菌者になっている可能性
は決して低くはない。それが今の現状。ワクチンを接種しても他の型で発祥してしまう事が
分かっている。「発症するか、しないか。」もうそれでコロナを語っても仕方ない時期に
来ている。もう、二年も同じ事をやってる・・蔓延しようが対処が可能・・そうなれば
「単なるちょっと危ない感冒」の位置にコロナが落ち着くのである。
日本は対処薬又は対処療法の確立以外に、この騒ぎを収める事は「出来ない」。
 
 

長ネギの土掛け

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月23日(月)17時55分16秒
  昨日の夕方から夜に掛けてソコソコの雨だったので、今日は午後から畑に行った。
気になっていた長ネギの土掛けを行う。今までは網で濾したフワ土を掛けていたが、ここまで
来れば普通で良いので、まずネギ周辺の草取りをし、一本一本に土を掛けていく。
育ちは良いとは思えない。以前土掛けした頃と変化無いように思える。ネギの左右前後に
盛り土をして頭を少し残す程度までさらに盛り土をした。今は痩せたが、少なくとも後方の
畝よりも高い位置まで盛り土した事になる。最終的にここまで首が伸びてくれたらよいのだが。

一応ハウス内の水遣りはする事にして、その前に追肥してやる。メインはイチゴ棚。
もうハウス内も野菜は殆ど無いし、ピーマンなんかは実がつくまで育つのかも怪しい。
残ったレタスは収穫をする気もしない。時間が経ちすぎてしまった。
スイカは小さい二個が割れと腐れ出ていて捨てた。小さいのと15センチ位ののツルが枯れて
しまってたので収穫した。残りは二番目に大きかったやつ一個になった。これのツルはまだ
生きているので様子見だ。

小屋を取り払ったトウモロコシを全部抜いた。暫く放っておいて、後日根切りして乾燥に回
そうと思う。このキビを砕く方法を考えている。単に切断するのでは畑に蒔くのに大きすぎる。
一度潰してから切りたいと考えているが、潰す方法をどうするかだ・・。
アスパラ用に逆さまの臼の底に置いて棍棒で叩く方法を試みたが労力の割りに効率が悪く
諦めた経緯がある。強力なプレス機でもあればなあ・・考案中。

今年はハウスの中に一本とウリ畝の横に一本向日葵が花を咲かせた。どちらも背丈が2.5m~3m
の大きな向日葵だ。花の直径はほぼ30センチ。その花(種)を二個収穫した。去年は数多くの
向日葵の花をミニコンに入れてハウス内に放置したが、今年は完全乾燥で種を採ろうと思う。
去年の種は殆ど雑草地にまき散らしたが一本も芽を出さなかった。耕した所以外では芽出し
出来ない様だ・・つまり、基本的に「育て」なくてはいけないらしい・・。
 

芋掘りと雨

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月22日(日)17時03分9秒
  今日の夜からまた雨の予報なので、水遣りはせずにデストロイヤーを掘った。先日の雨でまだ
乾燥しきってはいないので芋についた泥は完全に落とし切れない。残り、多分10m程度かな。
今日はミニコンほぼ一個になったので作業を中止した。
流石にミニコン一杯の芋を手で運ぶのはきついのでネコで運んだ。収穫を遅らせた分、結構
芋の大きくなっている。お陰で嵩が増えている・・小芋は殆ど無い。

大葉を始めて収穫してみる。穴は多分70程度だが2~3本づつなので一枚づつ採っても簡単に
50や100になってしまう・・うう・・そんな要らないし・・。
天気が荒れそうなのでトマトを一応収穫‥ナスビにキュウリ・パセリ・・色々採ってなあ。
枝豆はもう少しだな・・膨れて来てはいるがパンパンになるまで待つしかない。
昨日はトウモロコシの捨て苗のキビを抜いて裁断器で根を落し、農業用リボンで結んで
乾燥に回した。トウモロコシ小屋は既に撤去を終えているのでそっちのキビの始末も残って
いるが、この雨が過ぎてからの作業だな・・。
捨て苗を抜いていたら幾つも再生した小さな実がついていた。それの皮をむいてみた。
大きく育った物は捨て、柔らかそうなものだけ選別して収穫。育ち始めの物と少し違うが
集めればソコソコ食べられそうだ。

アジウリは茎から離れた物を収穫しているが、育ちすぎて割れが入ったものや穴が空いた
物などゴミの数が増えて来た。多分、もう収穫時期を過ぎているんだと思う。
葉が萎れて来ている・・。もうそういう時期だ。
イチゴ棚はツルがアチコチに新しい葉を広げ乱雑になっている。二段目も三段目も結構な
根付きを見せている。やはり棚を階段状にしたのは正解だった。もう少ししたら独立したと
思える物のツルを切り離してやろうと思う。新株を並べれば多分二段目は埋まってしまうと
思われる。もう冬の避難移植はしないので、雪が降るまで管理は必要だ。覚悟しなくては。
 

トウモロコシの終了

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月20日(金)01時03分28秒
  朝まで雨だったので、昼過ぎに畑に行く。行く前にダイソーでハサミなどを追加購入。
ハサミはもう数え切れない程買った筈なのに、いつの間にか行方知れずになる?なんで??
置き場所はいつも変わらないのに気がつくと・・あれ?無い・・となる。かと言って無くした
だろうハサミがどこかで見つかった事も無いのだよ・・不思議だな・・他の物は大抵みつかる。

水遣りも今は要らないので、小屋の残ったトウモロコシを全部収穫した。半分以上は時期も過ぎ
実がシワシワになっていた。それらを乾燥に回す。皮を結んでハンガーを変形させたのに掛け
ビニールハウスの天井に吊り下げた。こんないっぱいの種は必要y無いがシワシワになってちゃ
仕方がない。
小屋の周囲に張った網の上下を繋いでいたリボンを全部外した。本格的な解体は後日になる。
実入りの酷い物が多かった。手で触って実入りを判断して今まで収穫していたが、この判断が
正しかったみたいで、今まで収穫していた完全実入り品は殆ど無かった。
半分は持ち帰り最後の茹でとなった。このところ手を付けなかった残り物はミキサーでスープ
にしている。売っているスープみたいには美味くはないが、ちゃんとコーンスープではある。
トマトも熟したものはトマトジュースにしているし、アジウリもジュースにしている。
これらはザルで濾して口当たり良くしてあるので飲みやすいが美味いかどうかは別だ。

枝豆の実入りが悪い・・まだ収穫出来る豆にはなっていない・・去年は盆に間に合ったと
記憶しているが・・ハウス内は早々に育ったはずなのになあ・・水遣りもしてたから間に合う
と思っていたのだ。最も収穫が始まったら始まったで大変な目に合うんだけどね:汗。
まあ、枝豆は嫌われないので作りがいはあるんだけどね。採っては煮て、採っては煮て・・。
来週辺りから始まるかな・・多分。
 

玉ねぎの収獲を終了

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月18日(水)02時07分16秒
  玉ねぎ畝の残りを午前中に掘り終わり、午後から第一捨て苗畝を収穫した。結局、本畝よりも
一番しっかりした玉ねぎが育っていたのはこの第一捨て苗畝だった。小粒ばっかりだが、
それでもまん丸の形で安心。本畝を失敗しただけに「助かった」と言う感じだ。
結局、今年の取れ高は嵩にしてミニコン二個分と言ったところだ。
第一捨て苗畝の玉ねぎは、まだ殆ど枯れておらず、二週間くらい放っておけばミニコン半分分
位に成長したかも知れない。そこは諦めた。今ケリをつけなければ、今後乾燥状態の収獲が
出来るかどうか分からないからだ。泥の中では玉ねぎは収穫したくはない。
明日・明後日は雨予報だ。台風や気象条件の安定しないこれからは乾燥が期待薄でもある。
芋は湿っていても収穫はするけれど、泥のついた玉ねぎでロクな思いをした事が無い。

現在掘れるのはデストロイヤーの残り半分。これでサツマイモの時期まで掘る作業はほぼ無い。
ほぼ、と言うのはゴボウがあるからだ。
トウモロコシは終了していて、近々残りを収穫して小屋を撤去する予定だ。
盆に間に合うと思っていた枝豆は結局間に合わなかった。サヤはついているが豆が育ってない。
ハウス横の大葉は背丈が15センチ程度だが収穫可能な葉が茂って来た。
ハウス内のピーマンの成長がやたら遅い。毎日マメに水をやっているのに・・。やらなきゃ
萎れるし:涙。ハウスの中は相性が悪いのだろうか?まあ、発芽も悲惨だったけどね。
一個だけ残してたキャベツがネズミに食われた:泣。外の防虫網のキャベツは良く育っている。
玉が出来るのはもう少し先だな・・。

トマトが最盛期で、毎日収穫していて、食べきれないので時々四女に丸投げしている:笑。
アジウリもツルから離れた完熟を毎日収穫。依って、ほぼ毎日ワシが消費している:涙。
スイカの第一号を採って来た・・が、冷蔵庫の野菜室に貰ったメロンが鎮座していた:汗。
間が悪いなあ。
 

いきなり寒いくらいだ:笑

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月11日(水)08時49分46秒
  昨日一日雨だった。久しぶりにジャンボの雨漏り修理をした。以前に比べれば雨漏り自体は
無くなって来ている。しかしながら構造上手当が困難な部分もあって、更に風などの振動で
動いてしまう部分や経年変化で変形してしまった部分などメンテナンスがどうしても必要だ。

現在の事務所の室温は322℃・・一気に10℃以上下がって体感は寒い位だ。ランニングでは
冷えるので半袖のポロシャツを着ている・・冬でも着てないのに:笑。
通年盆過ぎにはこうなるけれど、一気にここまで落ち込むことは無い。逆に関東は更に暑く
なっておいるとTVは報じている。お盆前にここまで涼しくなるのはあまり記憶にない。
7月いっぱい酷暑・乾燥続きだったから、その反動が来ているのだろうか
つい三日前にはマラソンで30人以上暑さでリタイヤしていたのに・・皮肉なもんだ・・。

コロナの感染者数が激増している・・と言う報道ばかりで、ちゃんと分析したニュースは
殆ど流れていない。脅しはもう飽きたので、いい加減正しい分析報道をしてほしいものだ。
重症入院患者の死亡数より自宅待機児の死亡者数が増えている・・これは大都市の出来事。
日本のコロナに対しての対処は決して失敗などしていない。感染者数の増加率に対して
重傷者数、志望者数共に海外に比べれば「異常に低い」事に日本と言う国の凄さを思い知る。
普段、世界と比べる事無く暮らしている事で、自国が大した国では無いと考える者が多い。
だから「日本の三割は貧困層の酷い国」とか言う輩が跋扈する。中身を読んでも「はあ?」と
その感性を疑いたくなる内容だ。ああ・・こいつ・・貧困って知らないんだ・・と分かる。
日本は裕福である?う~~ん、日本は貧困国だったよ・・ずっと昔からね。
それからすればホントに三割しか貧困層がいなくなったのだったら「素晴らしい立国だ」。
貧困でも卑しくない・・これが日本の姿だ。物乞いや浮浪者がウロウロしているスラムの
様な悲惨な無法地帯や難民が溢れてゴミ捨て場を漁っている集落、泥水を生活水にして死んで
行く乳児を抱えた家族・・貧困とは何か・・何を基準に「貧困」と言っているのか・・。
貧しい国は世界にまだまだある。それぞれの世界で瀕死に生きている・・救う事?出来ないよ。
援助は可能でも貧困は救えない・・それはその人たちの問題だからだ。
日本だって同じだ。何を基準に「貧困」のラインを引いているのやら・・。少なくともワシの
周辺でコロナで食べられなくなって「自殺」した人間はいないし、「餓死」した人間もいない。
また、貧しくて物乞いしたり窃盗に走るなどの話も聞かない。貧しくても卑しくない日本人。
関係ないのに騒ぎ立てる。ゴミみたいな問題を大事に喚き散らす。自分が駄目なのはあいつの
せいだと擦り付ける。・・こういうのは「大陸や半島の血」なのだよ。
世界でも摩訶不思議・・そんな国にいるんだと、そろそろ気が付いても良いんじゃね?

先日女房が二回目のワクチン接種を終えた。ワシはこの24日に二回目を受ける予定だ。
「tamaさん、マラソンとか見に行った?」「いや、結局行かなかった。」
「良かったねえ・・、行ってたら二週間は我が家への出入り禁止と女房がいってました:笑」
「街中にいたの、ほとんど旅行者でしょ・・新川辺りは多分近所の札幌市民だろうけどね。」
そう、自分は大丈夫って思って集団にはいるのだろうけど・・だから蔓延が止まらないって
分かっているんだろうか?症状が無くても保菌者の可能性がある・・分かってる??
 

薩摩芋苗追加植え

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月 7日(土)01時53分52秒
  露天キャベツの防虫網を開けて、二度目の虫取りをした。新しく出た葉が一部喰われていたので
確認の為である。先日、結構な数の青虫とさなぎを見つけたが、今日は全部さなぎの状態で
みつかった。数は10匹程度と多くはなかったが、前回あれだけ注意深くチャックしたのに
これだけ見つかったので驚いてしまった。

トマトが小ザル(直径20cm)一杯の収獲となった。ミニトマトもソコソコだったが、トマト
が沢山採れた。但し、銘柄を気にしないで蒔いたのだが、小さなトマトばかり・・あれ~?
こんな品種なんだっけ?なんか損した感じだな・・。

夕方、気になって仕方ないので、薩摩おもの苗を植えた。安納芋が6本、紅あずまが5本。
鳴門金時は明日にした・・水が足らなくなってしまったからだ。あまりに乾燥していて吸収が
凄い事になっていた。また、苗の根は育ちすぎて絡まっているのを剥がすのが大変だった。
これらが芋を付けるところまで行くのかは分からない・・ダメ元だ。
ついでなので畝の周囲の草取りも終えた。

アジウリも収穫したが、こいつは全部ワシが処理しなくっちゃならない。今日もミキサーで
スムージーにして飲んだ。ウリなのに全然みずみずしくない・・スポンジー:涙。
水不足がたたってる?スイカは大丈夫かな?心配になる。早い実は20cm程度になってる。
収穫時期が分からない・・:涙。
 

久し振りの雨だ

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月 4日(水)19時57分14秒
  羊蹄山麓に洪水警報が出たり、札幌清田辺りでは道路が冠水したり・・だが、この辺はザーと
一雨二雨来て雷が鳴ったりはしたが、通り雨程度だった。農道も浅く水溜まりは出来ていたし
雨水受けのバケツは2杯共に満杯になっていたのでそこそこ降ったみたいだが、短時間だった。
一応、野菜にとっては恵の雨には違いない。特に長ネギは先端が枯れていたので完全渇水状態
だったから助かる。ただ、畑は歩けたから土中にどれだけ効果があったかは疑問でもある。

雨は昼過ぎからで、午前中は水遣りの後でデストロイヤーを掘っていた。ほぼ中間まで掘った
事になる。これでミニコンは満杯。次からは二個目になる。今日の嵩から予想して、当初の
予想通りに、多分ミニコン1.5個、都合二個半だろう。
デストロイヤーはホントに面白い。左右の余分なスロープの土をどけて、左右の固い底から
土を緩めてやる。その上で前からスコップを入れて浮かせソリの様に茎をつかんで土毎
滑らせて引き寄せる。普通の芋ならブツブツ切れて散らばるだろうが、多分薩摩芋との
掛け合わせみたいなこの芋は殆ど全部くっついて来る。茎をつかんで持ち上げてプツンプツン
切り離して採る感じだ。丸い薩摩芋?花も終わって大粒が多くなって来た。殆ど小粒は無い。
次回からはネコを持ってきてでないと、多分運ぶのが辛くなるだろう。良い出来だ。

昨日、帰る前に瓜畝に防鳥網を掛けた。適当に切り取ったので変な形の網になったみたいだが、
用が足せれば十分だ。以前、かぼちゃが狐に荒らされた事があるので、スイカなどの為に
張ったのである。この防鳥網だが、細く見難く、ほんの少しの突起にくっつくので扱い辛い。
端端は杭で地面に打ち込んである。
捨て苗トウモロコシにまだ狐の荒らした跡が見える。まあ、もうどうでもいいので好きにさせて
いるのだが、驚いた事に、以前ヤングコーンを採るのに千切った後に、新しいヒゲをつけて
ヤングコーンが出来ていた・・へえ・・再生するものなんだ??
キャベツなんかは根をそのままにしておくと芽キャベツみたいのが出たりするけど、トウモロ
コシが再び実をつけるとは・・。何本か調べて確認した。間違いなく以前もいだ跡だ。
tだし、実を全部取り去ったモノだけに思える。狐が戦うのは実が大きくなったものだけ
みたいなので現在無事に立っている綺麗なキビから再び収穫できそうだ。
小屋のトウキビもヒゲが黒くなっているが、触ると先端まではまだ実が入っていない様だ。
しかし、今年は早い・・。

玉ねぎはどうも失敗だ。掘ってみたら丸い形の物は皆無。乾燥しすぎて水分不足もあるだろう
けれど、乾燥した土の固さに横に広がれずに育ってしまった。ここの土は雨が降ると泥に
変る・・乾燥では泥岩みたいだ。こんぽ一月雨が無かった事で、無様になってしまった。
来年は川の水を上げて水撒きしなくちゃあ・・。本格的に動こうと思う。
先日オープンしたジョイフルにU字溝用のコンクリが揃っていた。使うのは一番小さなU字溝
にしようと考えている。
「綺麗にくっつけられる?」息子が聞く。「いやいや、精度なんざどうでも良いのさ。単に
ホースを道の下渡すためのもんだかんね。」
 

クソ面白くも無い戦い

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月 3日(火)14時00分43秒
  五輪を見ていて柔道・レスリングなどのマンツーマンの格闘競技で手首とつかんで離さずダンス
しているの程つまらない戦いは無い。利き手違いでの取り合い・だからどうした、くだらないと
思うのはワシだけかいな。ボクシングのクリンチ並みに固着したらブレークさせるとか、単に
時間稼ぎの手合いだらけでつまらない。これで「競技」」なのか?と思わせるのはルールが
可笑しいのじゃないだろうか。特に指導の3回目・・明らかにもう指導状態だろうにグダグダ
しての詰まらない判定。逃げ勝ちを許す審判の判定は「競技」じゃあないよね。
陸上や水泳などシビアにタイムや数値で振り分ける公明さに比べて、卑怯者を勝たせてしまう
競技の在り方はどうかと思うな。
特にレスリングのグレコローマン・・相手手首をつかんだら10秒でブレークとか、サクサク
業勝負で決着がつくようにしたら?見ていて一番面白くない競技だよ。ぐずぐず・・で終わる。
レスリングなら見せる競技をしろよ。出来ない奴なんざ出て来なくて良いんじゃね?
相手の手を封じて単なるダンス風景・・こんなの五輪で見せるなよ。柔道も同じだ。指し手
取り合いは良い。相撲でも良くある。しかし手首や袖を固定したまま長時間のダンス?
見たくも無いし、このつまらない状態をルールで止めさせたら?と思うな。
柔道なんか袖を押さえたまま30秒過ぎたら指導とかにしちゃえば良いじゃん。ダンスで生き残る
奴なんざ要らんべや。積極的なワザ勝負・・それで生き残れなきゃ出て来なきゃ良い。
ダラダラダンスを続けて、逃げ延びる競技なんざ格闘技じゃねえべ。

八村がいるのに、なんで日本のバスケは負けてんだ・・?と、試合を見て見たら・・ああ
これ、高校生より酷いんじゃね?まず、シュートマンがいない。フリーからのシュートも
入らなきゃ切り込む奴もいない・・相手のスクリーンの向こうで突っ立ってる奴ばかり。
八村に至っては突っ立ってるだけのでくの坊状態・・あっちでのあのスーパープレイが
封印されてる・・つうか、合わせられる奴がいないって事か・・レベル低~~全日本。
なでしこサッカーもそうだけど、突っ立ってる奴が目立って仕方がない。ボールを積極的に
取りに行かずに待ってる・・だからインターセプトを簡単にされる。それでもやっぱり
ボールが来るのを「待ってる」。・・ああ・・これじゃ勝てないよ・って、案の定そうなった。
大砲がいない、突っ切って走る奴もいない。綺麗に良い子で基本のサッカー・・違うでしょ?
個人技の優劣が全体の底上げになる・・良い子だけじゃ世界には通用しない。
勝負感の凄い奴、個人技が抜けてる奴、走って走りまくる奴・・。個性の集大成・・でなきゃ。

「メダル候補」ってうるさいけど、選手が100人いたら100人全員がメダル候補でしょ・・?
どう考えても「日本記録」出したって世界標準に届かないのに「メダル」とバカを言う。
スノボーで痛い目にあったっしょ。日本のトップと世界の最高レベルには雲泥の差があった。
なのに「金メダルに最も近い男」とか・・もうこっぱづかしい事この上無いマスコミの無知。
やっぱり今回もやってる。メダルは基本トップ3にしか与えられない。特に今やってる陸上
なんか「メダル」を口に出来るレベルでは無いのに騒ぐ。日本新で準決勝まで行けたら御の字。
それなら初めから分析すれば良いだけだ。

まあ、日本のマスコミは半島血縁に牛耳られてプロパ報道しか出来なくなっているからな。
プロパに沿わなきゃ首になるだけだ。「よいしょ」で生き残ってるのがマスコミ:芸能界
だかんな。そこに期待しても仕方ないか。
 

風景はもう秋

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月 2日(月)19時22分46秒
  午前中、走る車に入って来る風に秋を感じた。八月になったばかりで?と可笑しな事だが
農道の雑草が乾燥で枯れ野になっていたが、それを一面刈られた事で一層秋の風景である。
トウモロコシはもうヒゲが茶色になって盆まで待てないみたいな異様さだ。
殆どの玉ねぎ畑では収穫を終えているか掘って枯らしているか・・。ワシの玉ねぎも既に
立ち枯れが目立つ。掘って枯らしても良いのかも知れないな・・。植えたのは2週間遅れ
だったので掘るなら10日過ぎとなる予定だ。

この頃、水遣りの後で何かひと仕事が恒例になってきた。午前中は狐に荒らされたキビを集め
農業用黒バンドで締めてハウス横に吊るした。(毎年恒例)
その後、玉ねぎの使用済みセルの土と枯れた玉ねぎ苗を叩き落として整理した。
随分放ったものだが、枯れるのを待っていたら今なんである。結構最近まで緑色の苗があった。
ネギの凄いところだとは思う。因みに随分前に刈り採った万能ねぎだが、もう一度刈れる様に
育っている。畝の長ネギを観察しているが、どうも深谷ネギではない様だ・・残念。
今年はもう深谷ネギの種は保管したので、来年は深谷ネギが採れるだろう。
去年の種の買い間違いが痛い。箱に明記して管理しなかったからだ。反省。
「これくらい覚えてるよきっと・・」覚えていないんである。紫蘇の明記をしなかったから
この春に混乱した。大豆も混乱した。小さな手間を惜しむとこういう事になってしまう・・。
メモ魔じゃないもんなあ・・。メモ魔にならなくっちゃね・・それでなくとも記憶力が
低下している・・。アルツハイマーだけはやだな。
 

レンタル掲示板
/256