teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:50/2586 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日本人と日本語

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 9月21日(火)19時10分23秒
  通報
  今日は一日晴天の筈が曇りっぱなしで、午後からは風が出て来た。十五夜の月見が出来るの?
とてもそんな風には思えないな・・。
小豆のサヤをハサミで切り落とし、乾燥と半乾燥及び青に分けて網の上に並べた。
茶豆はボウルで三度脱穀。今のところ15cmボール2個半程度。最終的に何個になるんだろ?

6世紀の大和朝廷成立までは、おそらく統一した「日本語」は確立していないと思われる。
何故なら、それまでは表意文字である「漢字」が文書の基本であり、どう読んでも意味が
通じたからである。青森市と南部地方や秋田・岩手・・方言の違いは今も顕著だ。共通語
と言う基本の言語が無ければ最悪「通訳」が必要となる。ましてや九州・瀬戸内・裏日本・
四国・近畿の当時を考えればいわんやである。
大和朝廷が出来た事で朝廷の意向を相互伝達するのに、文書以外に「話し合い」をするとき
これでは困るのだ。しかし、漢字であれば共通認識は得られる・・中途半端・・。
百済が流れて大挙してやってきた。また月氏も数万人規模でやってきた。彼らは「表音文字」
を持っていた。これにより50音が作られ、「ことば」を文字で伝える事が可能になった。
そこに漢字を充て嵌め、日本語読み「訓読み」を創造したのである。
どう読んでも意味が通じた「漢字」ではなく漢字に「読み」が生まれ日本語の中で意味も読み
も統一されてしまう。更に「日(にち)」「日(ひ)」「今日(きょう)」「明日(あす)」
「明後日(あさって)」「一日(ついたち)」「二十日(はつか)」「休日(きゅうじつ)」
「定休日(ていきゅうび)」などなど・・「日」と言う漢字が日本語の中で読みも意味も
自在に変化を遂げて行く。ワシ等は特におかしいとは思わないが漢字には「共産・資本・主義」
などの「語彙(ごい)」は存在しなかった。これは日本の発明に等しい。この語彙が必要yと
共に作られ続け、新しい構想・思想などあらゆる新語彙が現代まで作られ続けているのである。
依って、思想や文化・構想など「日本語」で解説が可能となったのだ。
かつて中国にはほとんど「語彙」が少なかった為に欧州の主義主張を中国語で理解不能だった。
主義・国際・資本・共産・・現在の中国語の語彙の7割以上は日本から持ち込んだ「語彙」だ。
それにより「国際社会」に「主義主張」を述べる事が可能になった。
語彙が少ない言語は医学や科学と言った学問を説明する事が出来ない。詳細な説明の言葉を
持っていないからだ。現在の日本語は明治から昭和にかけて統一した言葉ではあるが、基本の
「日本語」は1500年以上の昔からえりすぐられ続いて来たものなのである。

「オノマトペ」と言うのは「擬音」の事である。犬はワンワン、猫はニャー、バタンと扉が
閉まり、人はテクテク歩く。爆発はパン・ポン・ドン・ドーン・ガーン・ドカーン・ズドーン、
などなど日本語には幾つも有り、必要なら発明されて流布される。世界的に日本語にしか存在
しない擬音・・静寂を表す「し~~ん」などは他国には無いので「意味不明」となる。
他の擬音は訳せても、これは訳せないのである。
日本人とポリネシア人にしか聞こえない「虫の音」リーンリーン・スイッチョン・ミーンミーン
・・これは日本人特有では無く日本語特有の特性の様で、英語圏で5歳程度まで育った日本人には
「聞こえない」そうだ。虫の音は「自然界の雑音」なので、フィルターが掛かり「無音」に
なるのだそうだ。米国の男女二人に一週間教えたところ、彼女は聞こえる様になったが彼は
結局聞こえなかったそうだ。
この「オノマトペ」だけでも7万種とも9万種あると言われ、更に現在も新たに作り出されている
と言う事だ。語彙の多さ、漢字と平仮名、外来語のカタカナ表記と造語、オノマトペ・・。
敬語や話ことばに男・女ことばと流行新創作語・・などなど。
世界で最も複雑で難しいのが「日本語」なのだそうだ。これに「古文」とか「漢文」・・
英語なんか覚えなくたって日本ではちっとも「困らない」・・逆に、日本語の持つ細かな
ニュアンスを英語に訳す事は非常に難しい。yes・noしかない人達に玉主色を説明は出来ない。
「お疲れ様です。申し訳ないですが、お先に失礼させていただきます。」
「お疲れ。申し訳ないけど、先に帰らせてもらうね。」
「ご苦労さん。悪いけど先に帰るね。」
godby・see・you・agein・・の人達に日本語は伝わらない。し~~ん:笑。

漢字は中国から輸入した。それを日本は吸収し日本語として変化させ、より使いやすくして
語彙もそうだったが、日本の創作簡易漢字は中国に輸出さえしているのだ。
未だに中国は漢字のみなので「北京語」だろうが「広東語」だろうが文章は通じる。読みは
どうなろうと関係ないからね。多分北京語が共通語(中国語)なんだろうけど他民族語も
生き続けているようなので北京語だけで中国全土の会話が可能なのかは怪しいと思う。
一応日本語は「統一」されているので方言だけしか使わない田舎の老人以外は話す事が出来る
と信じている。
因みに、戦後GHQは「米語」を日本に定着させようと試みた。複雑な日本文字では「識字率」の
問題が持ち上がったからだ。米国で50%程度だったらしい。そこで日本の識字率調査が行われ
驚異の90数%と言う数値に断念したと言う。世界的に見ても驚異的・・それもアジアの片隅
の島国で・・。たかをくくっていた首脳陣はグウの音も出なかったそうである。

勤勉で礼儀正しく温和。戦後十数年でGDPが米国の次の二位となり今や中国についで三位と
なったが、バブル崩壊やリーマンショックを乗り越え未だに三位を保ち続ける国。
関東圏のGDPだけで世界8位になるそうだ。北海道・東北圏で確か26位だったっけか・・。
え~~世界の国と並べての順位である。
第二次世界大戦当時、軍事力は世界一位・・敗戦して米国と同盟国となった訳だが「飼い犬」
と呼ばれようがGDP世界一位と三位の同盟である。日本の国土の広さは2世界28位だったか・・
決して「狭くはない」のである。人工は1億3000万・・結構居る。海洋を含めた面積では
確か世界6位か9位だったはず(12位だったか?)。実は欧州に日本を持って行くと殆ど
日本の国土・人口を越える欧州の国は無いのである。GDPは世界三位だし・・。
中国・ロシア(ユーラシア大陸)の右下にちょこんとあって、その東側は太平洋が広がる。
「極東の小さな島国」と言われるが・・実は日本はそういわれる筋は無いのである。
南北にも長く四季があり、古都も歴史も残っている有史1500年の皇帝を頂く単一国家。
石器時代(石器)・縄文時代(土器)・・これら世界最古の痕跡を持つ国でもある。
物事を開設する時に、日本語以上の語彙のある言葉は無く、表現するのに日本語以上の擬音種
を持っている言葉も無い。それを当たり前に使う日本人は「脅威の民族」でもあるのだ。
 
 
》記事一覧表示

新着順:50/2586 《前のページ | 次のページ》
/2586