teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:58/2586 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

奇妙な風景

 投稿者:ふるふる  投稿日:2021年 8月27日(金)11時25分5秒
  通報
  職業支援の窓口の施設前にピカピカの新型BMWが停めてあった。更に国産高級ミニバンも・・。
なんか、可笑しくね?
今のご時世、確かに飲食業やら宿泊・観光業などひっ迫している業界も多いし、それに連なる
業種などなど大変なのだが・・それを支援する施設にお金持ち仕様で現れるの?ひっ迫して
いるようには見えないけど??
GMだったか米国に国費での支援を求めるのに会長さんが自家用ジェットでご訪問された・・。
「貴方はご自分の会社が潰れそうで国に支援を求める為にここに来たはず。あの自家用ジェット
は資金調達の為に売りに来たのでしょうか?」と問われてグウの音も出なかった。
ワシが赤色申告をしに税務署に行ったとき、何列か向こうで揉めている派手な格好のおばさん
がいた。ほぼススキのクラブのママさん風。豪華なボワ付きのコートにネックレスにイヤリング
やら指輪をゾロリ・・う~~ん成金趣味??そのおばさんが赤色申告にきていてもめていた。
係員が言う。「あなた、収入がゼロと言いますが、そのコートなどお召し物は?」
「パパから貰ったの‥買ったんじゃないわ。」「その指輪などは?」「パパから頂いたわ。」
「それ、全部贈与されたもの・・収入ですから改めて正しく申告してください。」
「なんでよ・・お金じゃないわよ・・」係官がため息をついて行った。
「周りをごらんなさい。皆さん私服やら作業着やら真剣に働いて暮らしてここに来ています。
あなたのパパさんからの贈り物はそのまま収入になります。それだけの豪勢な生活を続け
られながら、あなたは収支がゼロだと申告なさっています。持ち帰って改めて申告を・・。」

BMWを維持するには最低でも年間数百万円が必要で、3000キロごとの点検やらあれやこれや
ディーラーと常に密接な関係を築かねばならず、指定工場以外で修理されたら即座に締め出し
されるそうで、ハッキリいって「普通の人」には維持さえも難しい・・いわゆる六本木の
カローラは「お金持ちの証」なのです、今も:笑。BMWの正規会員さんと言う訳で、車は
正規輸入車です。もう血統書の世界です。これから転げ落ちると中古価格はかつてのマツダ車
以上みたいで、以前、7シリーズが60万円で売られていました
因みに千葉にいた時に、一年落ちのマツダコスモがトヨタで20万円の下取り価格しかつけて
貰えず泣く泣くワシが行ってたマツダ店に来たらしい。マツダ車はマツダを乗り継ぐしか
ないんだと店員が話してました。「うちの純正ラジオなんかつけるからさ」とラジオ修理に
来ていた客のいない所で話していた作業員たちの話です:汗。
今は日本にもレクサスなどと言う顧客を選ぶディーラーも出て来てまるでロールスロイスの
気分でいられる国産車が増えましたけど、BMWも「お金持ち」のステータスであるのは
変りません。でも顧客は選ばないので正規維持するのがお金持ちでなければ難しいと言う
事です。血統書を維持できるかは客先の問題なのです。

国産車の高級ミニバンは、まあお金が都合出来れば誰でも買えますけど(レクサス以外)も
新型BMWに関してはそうではないと言う事です。少なくとも就職に困る如き人が持てる代物
ではありません・・普通に考えて・・。売れば、車㈹だけではなく年間維持費用もなくなる
と言う就職支援に乗って来るにはあり得ない車です。
うーーん、この支援センター小さいけど新車だらけ(型が最新)だった気がする・・。
多分、困って訪れてる人はいないんじゃないだろうか??そんな気もする。
 
 
》記事一覧表示

新着順:58/2586 《前のページ | 次のページ》
/2586