teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


アカデミー賞

 投稿者:ササキ  投稿日:2017年 2月28日(火)18時11分5秒
  今年も仕事の休みをあわせてアカデミー賞授賞式を生中継で鑑賞。
もうずいぶんと見てきているけど、作品賞を間違えるという
アクシデントは過去最大の驚きでした。

最後の作品賞のプレゼンターは『俺たちに明日はない』の主演コンビ、
ウォーレン・ビーティ(最近はベイティ表記が多い)とフェイ・ダナウェイ。
ここまで美術賞、撮影賞、作曲賞、主題歌賞、監督賞、主演女優賞と
6部門受賞してきた本命『ラ・ラ・ランド』の流れ。
しかし史上最多タイとなる14ノミネートのわりには、
まあまあ落としているという印象もあり、
作品賞逃す展開もありうるという空気もありました。
なので発表の瞬間はかたずをのんで見守っていました。

ところが封筒を開け、中の紙を取り出したウォーレン・ビーティが、
封筒の中を見直したりしてちょっと間が…
なんだろ?小ボケか?
歳のせいで字が見えないのかな?
「受賞作品は…」と言ってまた間があき、フェイのほうを見るウォーレン。
どうしたの?って感じで見つめるフェイに、封筒を渡すウォーレン。
すぐさまフェイが「ラ・ラ・ランド!」と言うと、会場は盛り上がり、
スタッフ・キャストがステージへ。
ああ、やはり『ラ・ラ・ランド』の年になったなと思い、
プロデューサーのスピーチを流し見しながら、
何か食べるもの用意しようとウロウロしていたら、
「受賞作品は『ムーンライト』です、これは冗談ではありません」という声が
聞こえてきた。
何?何?何?
ヘッドセットを付けたスタッフがバタバタとしていて
「間違えです」と聞こえてくる。

「マジか!!!」けっこう大きな声で言ってしまった。
まず思ったのは“ウォーレン爺さんやっちまった!”ってこと。
「説明させてくれ」とウォーレン。
「封筒には“主演女優賞『ラ・ラ・ランド』エマ・ストーン”って書いてあったので、
おかしいと思って何度も封筒を見直し、フェイに渡したんだ」と言う。
一瞬“フェイのせいにしたのかウォーレン爺さん”と思ったが、
よく考えたら違う。
ウォーレンが渡された封筒が間違っていたんだ。
これはいかたない。
二人のせいじゃない。
でも、こんなことあるのか?
これはすごいことが起きた。
生中継が終わり、WOWOWのスタジオでも出演者が驚いていて、
それを見終わっても衝撃がおさまらなかった。
事故とか被害のあるようなものではないので別にいいのだが、
笑ってすませるようなアクシデントともちょっと違う。
ほんとビックリした。

2週間ほど前にグラミー賞の生中継で、
ジョージ・マイケル追悼の曲を歌い始めたアデルが
「ごめんなさい、生中継だけどやりなおさせて」と言って
始めから歌い直したことがあって“マジか!こんなことあるんだ”と驚いたが、
アカデミー賞の衝撃はその比じゃなかった。

面白かったというのとも違う感じだが、
とにかく今までになく印象的なアカデミー賞授賞式となりました。
 
 

明けておりますが

 投稿者:ササキ  投稿日:2017年 1月12日(木)18時13分34秒
  今年も細々と続けていこうと思っております。
よろしくお願いします。
 

おお

 投稿者:ササキ  投稿日:2016年11月13日(日)05時19分18秒
  写真って伝わりますね。
『やみなべ』が続いてるっていうのを
写真で見ると、やはり「おお」と思います。

 

学祭

 投稿者:一光  投稿日:2016年11月12日(土)18時36分36秒
  学祭に来ています  今の漫研はこんな感じ  あとはここ数年ハマりにハマってる中南米音楽研究会にこもってました  明日は大洗であんこう祭り、今年は十万人以上の可能性もありとか大丈夫だろうか
 

メカゴジラの逆襲とか

 投稿者:ササキ  投稿日:2016年 9月16日(金)20時14分16秒
  『シン・ゴジラ』を見に行った翌日、
さっそく録りためたゴジラシリーズの鑑賞を再開。

昭和シリーズ最後の作品『メカゴジラの逆襲』。
前作『ゴジラ対メカゴジラ』もツッコみがいのある作品だったので、
その続編となると、どうなってしまうのかという感じだったのですが、
さすが本多猪四郎監督、説得力のある作品に仕上がっていました。
シリーズ通して見ると、本多猪四郎が監督している作品なら
おおむね安心ということがわかりました。
本作はメカゴジラがかっこ良く撮れてる、脚本がしっかりしているなど、
個人的にはシリーズでも上位にランキングされる面白さでした。

ただ、シリーズ通して本多監督に感じるのは、
良くも悪くも「まじめだなあ」ということ。
長男と二人で見ていて「ツッコめなくて寂しいね」と。


話は変わりますが、昨日は長男と『ツインピークス』序章+29章、
計30話を見終わりました。
最終回をわかば荘で漫研の何人かと鑑賞したのが思い出されます。
皆がブーブー言ってた問題作。
改めて見てみて、やっぱりすごい。
衝撃的なリンチワールド。
(以下ネタバレかな?、普通に語られてるからいいかな…)
赤いカーテンの部屋でローラ・パーマーがクーパー捜査官に
「25年後に会いましょう」って言ってて、
“ああ、だから今新作なんだ”って初めて知った。
ローラの口から最新作の予告を聞いた感じがして衝撃でした。
 

ゴジラ

 投稿者:ササキ  投稿日:2016年 9月14日(水)18時27分56秒
  WOWOWで一挙放送したゴジラシリーズ、長男と二人で少しずつ見て、
昭和シリーズの第14作目『ゴジラ対メカゴジラ』まで見ました。

第13作『ゴジラ対メガロ』を見たとき、こうしたらよかったんじゃないか、
ああしたら面白くなっただろうかと、いろいろ話をしたのですが、
結局どうにもならない、一から作り直すしかないという結論に達しました。

で、一から作り直してなかなか評判のいい『シン・ゴジラ』が急に見たくなり、
昨日長男と二人で映画館に見に行ってきました。

政治的な話の難しさが客層を限定してしまっている感はあったものの、
心の鑑賞メーターの針がMAXを振り切る瞬間が何度もありました。
現在の日本に住んでいる者だけがわかるリアリティー。
もし日本に怪獣が来たらどうなるかという架空のドキュメンタリー映画でした。
平成ガメラシリーズも同様の面白さはあったけど、さらに洗練され、
無駄な物語をそぎ落とした感じ。
そしてなんといっても映像のクオリティ。
現時点で最高峰の怪獣映画と言っていいのではと感じました。

ちなみに昭和シリーズを見てきて、
『シン・ゴジラ』で注目していた点として以下のものがありました。

まず“防衛隊の攻撃当たらない問題”。
見ながらいつも「当たらないなぁ~」と笑って見ていました。
この点『シン・ゴジラ』は笑うくらいの解決。
(余談ですがハリウッド映画のガンアクション当たらない問題は、
キアヌ主演『ジョン・ウィック』が気持ちよくはらしてくれました。)

また、“戦闘機低い問題”。
「低い低い、ああやられた、いつも低いんだよ~(笑)」って。
『シン・ゴジラ』見てわかったけど、高い高度から攻撃したら、
怪獣からやられないから、破壊が楽しみの怪獣映画としてはどうなの?ってなるわけか。
これもちゃんと考えてあって(やや強引な設定だけど)なるほどと感心しました。

さて、まだ昭和シリーズが1本、平成シリーズが7本、ミレニアムが6本残ってる。
頭を切り替えて楽しんで見ようっと。
 

スマホおめでとうございます、いっこーさん。

 投稿者:ササキ  投稿日:2016年 9月11日(日)04時46分35秒
  当方スマホになって約1年、
昨日初めてLINEを使いました。

うちの奥さんはガラケーだし、
息子たちとはそんなにやり取りないし、
仕事で使わないし、友達いないし、
LINEの必要性がなかったのですが、
昨日次男が友達と上野にポケモンゲットに行き、
ポケストップの多さをスクリーンショットで
画面を撮ったのを見せるのに、
「いちいち画面見せるの面倒、こういう時LINEなら
簡単に画像送れて便利なのに」と言われて、
教えてもらいながらアプリをダウンロード。
ざっと説明してもらったけど、
まだ何か怖いです(^_^;)。

Twitterは未知の世界です。
とにかく、繋がる系、発信する系は
よくわからなくて怖いです。

今すごくハマっちゃってるポケモンGOも、
誰か知らない人が設置したポケモンと戦う
ジム戦が怖くてモヤモヤします。
あと公園で誰かに会いそうなのが
怖くてしかたありません。

考えてみれば、コミケは対面だし、
直接人に会えるので、すごく健全な場ですね。
 

スマホにしたよん

 投稿者:一光  投稿日:2016年 9月11日(日)02時29分43秒
  お久しぶり
プロバイダーのセキュリティが強化されでもしたのか春先からアクセス出来ない状態が続いてましたがガラケーがこわれたのを機会にスマホに乗り換えました。あらためてよろしくです。  Twitterのアカウントも取ってみましたがやり方がまったくわからない…orz

夏コミで野島が訪れてくれました。あまりに見た目が変わっていたので最初分からなかったけど、たしかに声は野島でした。最近、関谷とか曽根先生とか懐かしい顔に合う機会が重なります。
 

車の免許

 投稿者:ササキ  投稿日:2016年 9月 5日(月)17時37分17秒
編集済
  息子らの車の免許ですが、夏休みの間に、
次男(18歳)は合宿免許で取得、長男(21歳)は通い始めたところです。

昨日、長男をつくばの教習所に送っていくのに、
初めて次男が運転しました。
自分は運転はあまり好きではないのですが、
初心者の助手席よりは、自分が運転したほうがいいと感じました。

長男が2時間くらい教習を受けている間に、
次男と二人でポケモンGOをやりに洞峰公園に行ってきました。
コイルの巣になっているので、進化させられる程度にゲット。

長男を迎えに行き、次男の運転で帰宅。
自分は伊能忠敬歩数計がまだ10000歩に達していなかったので、
さらに近所をポケGO散歩。
次男よりもトレーナーレベルが2つ3つ上を行ってるハマり具合です。
 

歩数計とか

 投稿者:ササキ  投稿日:2016年 7月28日(木)19時53分0秒
  ちょっと前の話ですが、伊能忠敬歩数計が5月9日に、
961日目で累計1000万歩になりました。

今日現在1041日目で1084万歩。
東京から測量始めて北上し、北海道をぐるっとまわってあと
250kmくらいでまた本州に戻る感じ。
地図の完成度は29%です。

でもこれ、実際に歩いているのは半分くらい。
それもほとんどが仕事場でのカウント。
あとはテレビ見ながらの“その場ウォーキング”です。
近所をウォーキングしたのは、この歩数計を買って
最初の数ヶ月だったように思います。

ところが。
昨日とおとといは、超ひさびさに近所をウォーキングしました。
近くの“ポケストップ”3カ所をグルグル回って、
モンスターボールをゲットするためです。
あと歩いてモンスターの卵を育て、
かつ伊能忠敬の歩数計も進めるというわけです。

ポケモンGO。
あまりに話題だし、次男が楽しみにしていたというので、
自分もやってみたら、まあまあハマっている状態というわけです。
でも、アニメの初期は見てたけど、ゲームはやったことなかったので、
まだよくわからない感じです。
ジム戦っていうんでしょうか、バトル的なものは怖いのでやらず、
モンスターを集めるだけにしようかなという感じです、いまのところ。
でも、なかなか果てしない感じなので、飽きるかもしれません。
 

レンタル掲示板
/186