teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. (0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ごめんなさい。

 投稿者:申し訳なくて  投稿日:2012年 2月19日(日)22時00分20秒
編集済
  ながいですね、今後考えます。
お邪魔いたしました。
ありがとうございます。
 
 

サイトの引越し

 投稿者:なおちゃんぱぱ  投稿日:2009年11月 4日(水)16時28分25秒
  なおちゃんぱぱです。長らくお世話になったサイトが閉鎖になった為新しい
アドレスに引越し中です。今後のリンクは新しいサイトにお願いします。
http://naochanpapa.webs.com/

http://naochanpapa.webs.com/

 

テスト

 投稿者:なおちゃんぱぱ  投稿日:2008年10月15日(水)16時58分38秒
  テスト終了。  

こちらこそ

 投稿者:なおちゃんぱぱ  投稿日:2008年 1月 4日(金)09時03分53秒
  マドンナさん、あけましておめでとうございます。
お久しぶりです。アップデートをサボっていますが
お越しいただいてうれしいです。なおちゃんも思春期
に入りテンカンを起こすようになりました。薬も色々
試していますが完全なものはなく、副作用もあり医者
通いが続いています。落ち着いたらアップデートしたいです。

マドンナさんとご家族にとって良い年になりますように。
では。
 

ご無沙汰しています

 投稿者:マドンナ  投稿日:2007年12月17日(月)21時07分59秒
  大変ご無沙汰しています。2005年に投稿してから随分と時間がたってしまいました。
その後は、ヘルメットのいらない引き馬を時々で楽しんでいましたが、体験乗馬2日間があり、挑戦してきました。
今回は、ヘルメット・プロテクター・ブーツ(長靴)の装着が必要でしたが、抵抗無くできて驚きました。ガイドの先生がついて、馬を歩かせるサイン、たづなを持って止まれのサイン、右に曲がれのサイン、左に曲がれのサインなど教えてもらいました。馬を歩かせる、止まれができたとき「やった! できました!」と大きな声で・・・すごく感動しました。
アメリカのような乗馬療法は 日本では まだまだ少ないのです。障害者乗馬などもあるようです。
馬に乗ることも、見ることも好きになったので、ちょっと足を伸ばして 世田谷区にある馬事公苑の馬に親しむ日など楽しんでいます。
なおちゃんパパのHPで知った 乗馬のこと、何年もかけてのトライでしたが、14才で楽しく乗れました。

HPで知り合った とも先生は 生徒さんと1年間がんばって信頼関係もできて すてきに過ごされていました。その後、生徒さんを私も指導したいと手をあげた先生にバトンタッチ、普通学級の担任の先生をして、学校全体の支援の必要なお子さんの支援もして、お忙しい毎日のようです。

なおちゃんも、なおちゃんパパも お忙しい毎日と思います。
素敵なクリスマスを♪

http://blog.so-net.ne.jp/MADONNA-DREAM/

 

はじめまして

 投稿者:ともかまま  投稿日:2007年 5月28日(月)01時01分24秒
  はじめまして。
5歳の自閉症児のママです。
通っている発達センターで日照問題が起きています。
皆さんに知っていただきたくて書き込みました。
http://sky.geocities.jp/nks_h_atuta/

http://sky.geocities.jp/nks_h_atuta/

 

リンクのお願いです

 投稿者:ルル  投稿日:2006年12月25日(月)17時43分59秒
   なおちゃんぱぱさま、はじめまして、こんにちは。ルルと申します。
私は現在自閉症の息子と二人で暮らしています。乗馬療法についてはとても興味深いです。
この頃は乗らないのですが、また機会を作っていこうかなと思っています。
最近、私もホームページを作ってしまいました。つきましては突然ですが、
あなた様のホームページをリンク集に入れさせて頂きました。事後承諾でごめんなさい。
あつかましいとは思うのですが、出来ましたら私のサイトも
あなた様のホームページにリンクしていただけたら嬉しいです。
勝手ながらこちらのリンク作業は完了しています。
http://www.thtntl-yume.net/jihei-link.html

もしリンクをご承諾いただけませんでしたら、残念ではありますが直ちにリンクの
解除の作業をいたしますのでその旨、
ご遠慮なくメールで返信なさってくださいませ。

私のサイト名と内容を記させてくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

サイト名:《わたしと猫さん家族♪ドッキン物語》

説明:外暮らしの猫・ジュリエットがある嵐の日に子連れで
押しかけて来た時から始まった猫さん家族と自閉症とボシカテイの物語です。
(短くして頂いても構いません)
URL:http://www.thtntl-yume.net/index.html

☆バナーがありませんので、出来ましたらテキスト・リンクでお願いたします。
どうぞよろしくお願いいたします。訂正箇所などありましたらお申し付けくださいませ。
直ちに修正いたします。よろしくお願いいたします。

http://www.thtntl-yume.net/index.html

 

メールアドレス再公開

 投稿者:なおちゃんぱぱ  投稿日:2006年 7月29日(土)16時10分15秒
  なおちゃんぱぱです。メールアドレスを公開しました。ホームページのタイトルの下
にあります。掲示板ではちょっという時に活用してください。
 

相互リンクのお願い

 投稿者:ちぴょメール  投稿日:2006年 7月23日(日)17時14分33秒
  なおちゃんパパ様

初めまして。
「自閉症児と健常児の子育て~ちぴょ流実践育児論」のちぴょと申します。
突然のご連絡で失礼いたします。

サイトを拝見し、ぜひ相互リンクしていただきたく、書き込みいたしました。

勝手ではございますが、すでにリンク集に掲載させていただいております。
http://krtm.net/link.jiheisyou2.html
修正点、その他ご要望がございましたらなんでもお申し付けください。

「自閉症児と健常児の子育て~ちぴょ流実践育児論」は、
すべての子育て中のママ、また自閉症児を育てていらっしゃる方に有益な情報を提供する目的で設立いたしました。
まだコンテンツが十分とはいえないかもしれませんが、
これから役に立つ情報をどんどん発信していけるよう、がんばってまいります。

また相互リンクにご了解いただけるようでしたら、

タイトル   自閉症児と健常児の子育て~ちぴょ流実践育児論
リンク先   http://krtm.net/
紹介テキスト 自閉症についてエッセイを交え、わかりやすく解説。高機能自閉症・けいちゃんの成長記録、弟たちとのふれあいエッセイ

にて、テキストリンクをご掲載いただけるでしょうか?。 紹介文は自由に編集していただいて結構です。

※タイトルが長い場合は、「自閉症児と健常児の子育て」のみで結構です。

以上、唐突なお願いではございますが、ご検討いただければ幸いです。
よろしくお願い致します。
-----------------------------------------------
自閉症児と健常児の子育て~ちぴょ流実践育児論
ちぴょ
-----------------------------------------------

http://krtm.net/

 

はじめまして

 投稿者:ちはる  投稿日:2006年 7月10日(月)17時12分33秒
  はじめまして、3歳の息子がいるママです。
最近、病院に行き息子が軽い知的障害と言われ内心ビックリ
しています。確かに他の子供よりは遅いな~と思っていましたが
実際に病院の先生に言われてた時はかなり落ち込みましたよ。
でも、息子には私しかいないので、頑張って育てていくつもり
です。
もし、よかったら、良き相談相手になっていただけませんか?
 

はじめまして

 投稿者:みなメール  投稿日:2006年 6月10日(土)12時42分56秒
  なおちゃん、なおちゃんパパさん、はじめまして。わたしはロサンゼルスより南のロングビーチに住むCertified Occupational Therapy Assistantです。もともとは、乗馬療法を勉強するために渡米したのですが、縁あって、現在OTRになるための最終ローテーションを小児クリニックでオレンジ地区の小学校を主に担当にまわっています。ちなみにわたしはAmerican Hippotherapy AssociationのLevel I Therapistでもあります。NCEFTはわたしの夢の就職先です!もしよければサンホセ地区の小児クリニック、なおちゃんの乗馬奮戦記について更に教えていただければと思っています。それにしても、すばらしいホームページに感激しました!なおちゃんも勉強に乗馬にがんばってね。  

(無題)

 投稿者:Kentくんままメール  投稿日:2006年 2月25日(土)18時52分36秒
  なおちゃんぱぱさん、こんにちは。今日初めてここのサイトをみました。7歳の長男と、D.Sを持つ3歳の次男のままです。米国フロリダ州南西部に住んでいます。下の子も就学の時期を迎え、先日、主人とカウンティーのインタビューに行ってきました。お兄ちゃんの学校に養護専門の先生や学級が無いので、お兄ちゃんと違う学校に通うことになるようです。なおちゃんのように可愛いく、ちょこまか ちょこまかお父さんにくっついて歩く”ぱぱっこ”のKenさんを思い浮かべながら楽しく拝見させていただきました。私たち以外にも海外で頑張っている方々がいらっしゃるとわかり、大変勇気付けられました。  

ありがとうございます

 投稿者:マドンナ  投稿日:2005年 9月19日(月)11時48分19秒
  なおちゃんパパの掲示板のおかげでとも先生と出会いました。先生を支援することで子どもの支援に大きくつながることが大切だと思います。
なおちゃんパパ、ありがとうございました。

さて・・・まこちゃんの障害者乗馬体験ですが・・・
案の定・・・『ヘルメット』で完全にひっかかりました(爆)
導入までの視覚支援のプログラムは作って まこちゃんも「だいじょうぶ。ヘルメットかぶるOK!」と言ってのりのりだったのが・・・その場になると ふらふら~ふらふら~と逃げ回ってしまって 1回だけ頭にちょっとのっけて「いやです」になってしまいました。
あと10分あれば・・・大丈夫だったかも???と思ったのですが・・・記録的な集中豪雨に出会ってしまい 雷雨と豪雨の中、小さなテントの中で立ちつくすことになってしまい・・・どろだらけで バスと電車で帰宅~風邪ひいちゃいました。

ストーリー通りにはいかない=を痛感・・だけど馬の近くにいただけで なんとなく表情が柔らかくなっていたきがしますし、ボランティアの人もやさしかったので、長い時間をかけて 導入していけたらいいな~と思っています。
私自身の反省点は あんまり力を込めて考えないようにしなくちゃ・・・です。
 

なおちゃんぱぱさんへ

 投稿者:とも  投稿日:2005年 9月15日(木)21時29分37秒
  掲示板、利用させて頂いてありがとうございました。
マドンナさんとの出会いは、私にとって「地獄に仏」にも等しいもので、本当にありがたかったです。
これからもこちらの掲示板のぞいて勉強させて頂きます。よろしくお願いします。
 

メールでお願いします。

 投稿者:マドンナメール  投稿日:2005年 9月15日(木)08時38分58秒
  ともさんと同じことを私も考えていました。
なおちゃんパパは とてもやさしいので、つい甘えてしまいましたが、
これからはメールでお願いできれば・・・と思います。
マドンナの名前をクリックして頂くとメールがつながります。
障害のある子どもがいる普通学級の担任になる先生も 特殊学級の担任になる先生も 専門知識のある先生はいません。
先生になってから、研修などで知識を深め、日々 子どもと接する中で一生懸命にやっているんだけど・・・一生懸命が空回りして苦悩したり・・・どの先生も同じ苦労を抱えています。養護学校の先生も半分は専門の免許がありませんので、現在 資格についても改革が検討されている最中です。

井上先生のセミナーは 関東よりも関西のほうが多いと思います。またいろいろな情報については、メールで~♪ よろしくお願いします。

日本国内で 特に障害関係の専門書や書店でなかなか扱っていない本については
http://shop.selves-net.com/space96/
こちらで通信販売をしています。
 

知らないことが申し訳なくて・・・

 投稿者:とも  投稿日:2005年 9月14日(水)23時27分1秒
  マドンナさんへ。
早速のお返事ありがとうございます。「先生」でなく「ともさん」と呼んでください。

見覚えがあるなあと思ったら、井上先生のHPは偶然つい最近のぞいたばかりでした。発達協会のセミナーで「遊びではぐくむ~目標を持ってかかわる」という講義をされます。聞きに行こうかとだいぶ迷ったのですが、会場が東京なので、かかる費用と体力が報われる内容かどうか判断できず見送ってしまいました。もう一度HPを今度は丁寧に読んでみます。
そういえば、ABAの本を買っただけでまだ読んでいなかった。あれも早く読まなくちゃ。応用行動分析もABAもTEACCHもごく初歩的なことしか知りません(ああ、そんな人しか担任する人がいないのか・・と嘆かれることと思います。すみません。私たちの市の普通学校の現状です。でもやむを得ずではなく、希望してMちゃんの担任をする者もいるということでとりあえず許して下さい)。

今、学校は運動会練習一色。昨年はMちゃんにかなりのストレスをかけてしまったことを反省し、今年はできるだけ「つらい毎日」にならないよう配慮しながら進めています。

ところで、(私はあまりネットの世界に詳しくないのでよく分からないのですが)なおちゃんパパさんの掲示板をお借りしてずっとマドンナさんにMちゃんのことをご相談していてもよいのでしょうか?もう、お聞きしたいことがいっぱいありすぎて・・・。こういう時はどうすればよいのでしょう?
 

知らないことが申し訳なくて・・・

 投稿者:とも  投稿日:2005年 9月14日(水)23時19分19秒
  マドンナさんへ。
早速のお返事ありがとうございます。
見覚えがあるなあと思ったら、井上先生のHPは偶然つい最近のぞいたばかりでした。発達協会のセミナーで「遊びではぐくむ~目標を持ってかかわる」という講義をされます。聞きに行こうかとだいぶ迷ったのですが、会場が東京なので、かかる費用と体力が報われる内容かどうか判断できず見送ってしまいました。もう一度HPを今度は丁寧に読んでみます。
そういえば、ABAの本を買っただけでまだ読んでいなかった。あれも早く読まなくちゃ。応用行動分析もABAもTEACCHもごく初歩的なことしか知りません(ああ、そんな人しか担任する人がいないのか・・と嘆かれることと思います。すみません。私たちの市の普通学校の現状です。でもやむを得ずではなく、希望してMちゃんの担任をする者もいるということでとりあえず許して下さい)。

今、学校は運動会練習一色。昨年はMちゃんにかなりのストレスをかけてしまったことを反省し、今年はできるだけ「つらい毎日」にならないよう配慮しながら進めています。

ところで、(私はあまりネットの世界に詳しくないのでよく分からないのですが)なおちゃんパパさんの掲示板をお借りしてずっとマドンナさんにMちゃんのことをご相談していてもよいのでしょうか?もう、お聞きしたいことがいっぱいありすぎて・・・。
 

1人1人の個性があります

 投稿者:マドンナメール  投稿日:2005年 9月14日(水)21時29分15秒
  とも先生、自閉症は1人1人がすべて違う個性を持っています。
日本と米国では 指導方法にも大きな違いがあります。
学校の行事や都合や時間割に無理矢理に行動を合わせて行こうとすると、子どもにとってはとてもつらい毎日になることもあります。
子どもの情報は お母さんと療育に携わっている先生がよく知っていると思いますので
定期的に または「あれ?」と思ったときに Mちゃんに関わっている大人が集まって
情報交換することが とても大切になると思います。
~特別支援教育の校内委員会の機能になりますね~♪

Mちゃんにとって とも先生とのコミュニケーションがとても大切な世界になります。
日本では構造化のTEACCHが大流行ですが、アメリカでは応用行動分析ABAを基本に行われている教育が主体です。ABA+TEACCHと考えてください。(どちらも大切なんです)
京都の近くでしたら、兵庫教育大学の井上研究室
http://www.edu.hyogo-u.ac.jp/mainou/
また、ネットでは先生方のABA研究会もあります。(たぶん、井上先生のところでリンクしていると思います)
行動観察の仕方、分析の仕方、困った行動をしたときにどう対応するの?
良い行動をもっとのばしてあげるには?
課題はどのように作っていったらいいの?
という基本的なことに対応ができる考え方を作っていきます。
井上研究室では定期的なセミナーも開かれていると思います。
おすすめです♪
 

マドンナさんへ 

 投稿者:とも  投稿日:2005年 9月13日(火)22時46分21秒
  待ちこがれたお返事でした。ありがとうございます!
早速相談センターへ問い合わせてみることにします。

「フレンドリー」「愛情豊か」「自閉症では説明がつかない」・・・。う~ん、そうであるようなないような・・・。
私自身(普通学校の教員で、これまで「自閉症」と診断された子を担任したことがありません。)自閉症についての専門知識は全くといって良いほどなく、Mちゃんの担任になってから勉強し始めたばかりなので、今は手探りに近い状態でMちゃんとの毎日を過ごしています。分からないこと、困っていることは非常に多いですが、Mちゃんのかわいさに日々救われています。
まこちゃんのこともっと教えて頂いたり、こちらのMちゃんのことを聞いて頂けたらとてもありがたいです。よろしくお願いします。
 

障害者乗馬

 投稿者:マドンナメール  投稿日:2005年 9月10日(土)14時44分52秒
  なおちゃんぱぱのHPで なおちゃんの乗馬を読んでいて・・・私たちの周りにはないんだろうな~って思っていました。 日本では○○ランドとかに行くとポニーの引き馬コーナーがあるので、体重が軽いうちはポニーに何度か乗せてもらいました。小学校の高学年に入るとさすがに体重が増して 小型の引き馬に乗りました。
どちらもヘルメットなしだったので、すんなりと乗れました。
今年はじめて 北海道・富良野に旅行して牧場でサラブレッドに乗りました。どうしても乗馬用の帽子をかぶりたくないとがんばって・・・補助の人を増やす対応をしてくれて乗りました。 ものすごく嬉しい~~~♪という表情で自信満々で降りてきました。
そこで・・・これは心理に良いのでは? 大きくなったときに趣味として成り立ってくれたら・・・という思いもあって、東京障害者乗馬協会に体験の申し込みをしました。
ですが・・・ここで最大の難関「ヘルメット=帽子」です。
生まれたときから帽子が大嫌い・・・ううううう~~~涙。
なおちゃんの体験のページのアイコン・ボードと同じように作ってみます。でも、帽子をかぶる~ヘルメットをかぶることは まこちゃんにとってもとても嫌なことなので、本当に大丈夫かどうか・・・親の私の方がとっても不安です。
体験が3回くらいトライできて、その後は河口湖の方にある牧場での乗馬会になるようです。どこまでできるか・・・不安ですが、トライしてきます。
今日は 自閉症の子どもが乗馬をするさいに注意しておきたいこと~という内容のビデオを中心にした研修会があるとのこと。夕方から出席してきます。
 

レンタル掲示板
/6