teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


新しい「草刈り」にハマった

 投稿者:ふるふる  投稿日:2017年 7月21日(金)19時13分23秒
  小豆の畦にトラクターを入れて畝に土を盛った。草が中途半端に刈られているのでなんか汚い。
それでも小豆が畝に単独で立っているのは良い景色だ。
絹サヤ・インゲン畝の草刈りに入った。この畝は草は小さいがビッシリ隙間なく生えていて、
抜くにはあまりに広すぎる。そこでカマを地面スレスレに走らせて草を刈った。そうしたら
一気に草が無くなる。無論根はそのまま残っているが、見掛け草は皆無となる。
作物の周囲を丁寧にそいで、残りをスパンスパンと刈りこむ。どんどん綺麗になって行く。
そうして時間も掛からない。大きめの草は地面をエグルように刃を入れると綺麗に消える。
草の大小も種類も関係なく全部刈れる・・これは面白い・・夢中になってしまった。
仕上がりは素晴らしいの一言。草が見えない畝は蒔いた当初以来だ・否、今は作物が生えてる。

昼から玉ねぎ畝に入った。こっちは大きな草がうっそうと生い茂っていたが、スパンスパン
ネギを刈らないように注意しながらの作業。ネギだけが立っている光景が嬉しい。
更に大豆の2番目の畝に入る。こっちは30センチ以上にうっそうと伸びてしまっている。
まさに稲刈りの感じで、ムンズと掴んでは刈り掴んでは刈り・・。
表面に出っ張っている草はぼぼ無い。畦には大量の草がばらまかれている。残り僅かなところで
思わず大豆を刈ってしまった・・草の間に隠れていて気が付かなかった・・作業を保留。
2番目の畝は発芽がまばらで1/3は発芽しなかった。後でばら蒔き畝から何本か移植してから
土掛けをしようと思う。

普通のカマで同じ作業をしたが「刈れなかった」。根本的に切れないのだ。今回使ったカマは
稲刈り用の刃がギザギザしているカマだ。そうしてヘッドは斜めについている。のこぎりで
引くように刈れるが、通常のカマは直角になっていて押し切りになるので切れが悪い。
大鎌なら力で振り抜けるが、小さな普通のカマでは太くなった草で止まってしまうし、小さな
ものは寝てしまって刈れない。今後は草刈りカマは全部稲刈り用にするつもりだ。
 
 

windowsは本当に元に戻ったんの?

 投稿者:ふるふる  投稿日:2017年 7月21日(金)18時39分33秒
  Windowsが勝手に仕様を変えたが、いきなり動画がハングアップするようになったので
元に戻した。(復元が無かったので仕方なく「元に戻す」を選択)
しかし、未だにハングアップするは音声は流れても画像は止まったままとか
画像が黒くなって荒れたり後遺症が残ったままだ。元に戻したのではなかったのか?
それとも時間をあかさずにやってたアップデートがこうさせたのか?
動画に関して酷い事になっている。
何度も再生し直しで見ているが、腹が立って来る。問題なかったものをどうしてこうトラブル
運んでくるかなあ・・。ウィルスソフト並みになったのかな?自作自演商売・・アメリカ人
得意だもんなあ。ウィルスソフトを入れると目掛けてウィルスが飛び込んで来るようになる。
今度はWINDOWSをアップデートするとトラブルを運んで来る?
まあ、最終的には軍用で運用されて世界中が混乱するように仕組まれるんだろうけどね。
一つのOSに支配されるって、そういう事だよね。いつでも手玉に取れる体制・・その為に
WINDOWS以外を目の敵にして排除して来た訳だ。もう始まっているよね、データーを逐一
マイクロソフトに自動送付しての管理って奴。中国と変わらなくなって来るって事だね。
何かあったらプロパガンダで溢れる事になるだろうね。きな臭い今日このごろ。
通信統制は突然やって来るがろうな。知らん振りしてアップデートで書き換えて置けば
通信一発でWINDOWSは管制下に置かれることになる。タイマーかも知れないね。
WINDWS自体がウィルスと同じと考えるのは考えすぎ?でもアメリカ人のやる事ってそんなもん。正義面して相手を悪者と言いながら軍隊を派遣してかっぱらいする国だかんね。
自国でテロだとうそぶいて地下金庫の金塊をかっぱらったり・・。何が正義なんだか・・。
ここまでWINDOWS支配が伸びてしまうと、他のOSなんか使えないしね。困ったもんだ。
 

キャベツの囲い網

 投稿者:ふるふる  投稿日:2017年 7月20日(木)17時28分56秒
  風が出て来たので、葉を広げたキャベツがあおられている。防風網は残り10mもない。
昔使った杭付きの囲い網を気休めとは思うが野菜畝に張った。1本目の畝はトマトまでの2/3、
2本目ピーマンまでの1/2。これを独立はさせず続けてUの字になる感じで張った。中央の畦は
進入できなくはなったが、特に問題は無い。網が揺れている分だけでも風が弱まれば良いと
思う。中間になる一面には残りの防風網を追加で張った。キャベツと白菜を囲った格好だ。
結局、午前中はその作業で終わった。

pm3:00位に再び畑に行ってじゃがいもを掘った。この時期の2週間の差は大きい。十分立派な
芋も出て来て本掘りが近い事を教えてくれる。小芋もまだあるが殆どは中芋が多い。
三角畝では土掛けをしていても日光で緑にやけた芋がぽつぽつ出るが、今はほぼ無い。
色も健康な芋の色で安心する。今日は玉ねぎ用の1キロネットに3本・・と言っても満杯の量では
無いが、台所に持ち込むには十分な量だ。
今日はまだ土が湿っていて一々芋から土を取り除かねばならず手間が掛かったが、土が柔らかく
乾燥している時よりは掘り易かった。来年もこの形式の畝にしようと思う。
 

ネズミが掛かった

 投稿者:ふるふる  投稿日:2017年 7月19日(水)13時36分8秒
  草刈り機を出したが、燃料切れを思い出した。ホダカのカードを見たら平日は朝の7:00から
やっているみたいなんで急遽ホダカに向かう。混合燃料と長靴(車載)を購入。ついでなんで
木製の白赤ポールも3本購入した。三角の頂点など確認が難しい処に立てるつもりだ。
こっちでは積雪ポールとも言うらしい。
燃料を入れて大豆畝の生えなかった部分を草刈りした。買い物に時間を取られたので、ようやく
ハウスの水遣りに行くと、なんかネズミの罠が閉まっている様子。入っている・・・:汗。
綿糸を長めに用意し籠の針金に取りつける。橋まで持って行き川の中に沈めた。
子供の頃の記憶がよみがえる。殺生は嫌な役回りだった。
一匹見つかったら10匹いると思え・・再び罠を継続。今回は2個仕掛けている。
綿糸を今は結んで取付けているが、これ用にカルビナを用意しようと思っている。
100円ショップへGO。
 

ペパーミント移植

 投稿者:ふるふる  投稿日:2017年 7月18日(火)17時07分35秒
  今日は雨は降らないが曇天で湿気もあり、気温は20℃程度なので乾燥は期待できない。
昨日、久しぶりにネズミ取りの籠に完熟イチゴを仕込んでおいたのだが、イチゴだけ持って
行かれた。ありゃ引っ張れないよな:汗。今日は冷凍のイカゲソを持ち込み仕掛けた。
さあ、どうなるだろ?

家で育てて失敗したペパーミントをそのままハウスの中に放置しておいたら、見事に発芽して
ビッシリになった。このままでは育たないので大きなプランターに直線で並べた。暫定2本。
苗で買ったペパーミントはもう採取を始めているが、その育ち方からしていずれ更に多くの
細分化移植をしなくてはいけないだろう。イチゴ並みになるかな・・と、若干怯え気味:笑。
ついでにポットに単独で植えていた唐辛子も花が付き始めたので小プランターに2本ずつ移植。
苗床プランターのものは成長が止まったままなので、近々ハウス畝を作って植えようと思う。
野菜畑にも植えてあるが、苗を捨てる気になれない。

春菊の花を摘み取って束にした。根は残した。手に持ちきれない程度の束が6個できたが、
どうするアテもない:笑。雨水貯めの3番目の樽を開けて束を入れた。今ジャンボの入口には
大量の菊が咲いている。選定してちゃんとした花束でもつくろうかと思ったが、それを飾る
アテもない:汗。止めた。選定して花の位置を揃えれば立派な花束にはなると思うのだが・・。
結構大きく育って、端の方は自重に負けて倒れていたから乱雑だったのが無くなってスッキリ。
ようやくニラの顔を拝める・・と思ったのだが・・何処??よ~~く見るとポヨポヨと弱ネギの
ようなのが幾つか見える・・なんと情けない:涙。こいつ育つのだろうか?
実家の庭にはゲッソリする程のニラの束が生えている。それを想像してニラを蒔いたのに全然
である。去年も失敗、今年もこのザマ。去年も一度も収穫していない。

ゴボウに花が咲いていた。雨に濡れて水滴を全体に付けてはいるがつつましやかなボンボンで
ある。2m以上の高所に咲いているので気がつかなかった。茎葉の大きさからして極小の花だ。
2年目のゴボウは中心は固いが周囲は食べられるらしいので、今度掘ってみようと思う。
ばら蒔き畑の大豆は随分濃く茂っている。トウモロコシは流石に育ちが悪くせいぜい20センチ
程度が立ち並んでいる。
ここまで待ってみたが、大豆の2015年種と大豆畑の3番目は一本も発芽しなかった。3番目も
2015年を間違って植えてしまったんだろうか?どちらもただの草原なので近々壊そうと思う。
これ以上草を育てても仕方がない。

畝の候補地はまだ4本分残っているが、この時期に蒔くものがない。今年はここまでかな。
 

水はもう引いていた

 投稿者:ふるふる  投稿日:2017年 7月16日(日)18時13分40秒
  pm4:00過ぎに、置いてきた大根を取りに戻る。大きな水溜まりは残っているが、あの大雨の
痕跡を示すものはない。ジャンボ前の池も無くなっていて「あの水は何処へ?」である。
取り敢えずツルハシを持ち出して少し溝を大きめにした。ここを通る車は少ないが、全く通ら
ない訳でもないので極端にはできない。

ジャンボの雨水樽は目一杯。昼に帰る間際ミニコンに移しておいた分あふれなかった。
中央通路のミニコンはあふれる寸前・・いかに大量に降ったのかが分かる。上に空のミニコン
を乗せて応急処置。外の雨水受けの樽は空だった二段目がいっぱいになっていた。
大根を一段目の樽で洗う。畑に入って小葱を収穫・・長靴は泥まみれ。
絹サヤは最早「エンドウ豆」に変わっている。数本は白く枯れ掛けている。その中から絹サヤ
みたいなのを収穫:笑。絹サヤは殆ど筋を取る必要は無いが、この時期になると小さくても
筋がしっかりあったりするのでワシは絹サヤとは呼ばないんである。
枯れる前のエンドウ豆サヤも食べられるが、家族に人気がないので滅多に採らない。
大分膨らんで豆が出来ている。もう少し待たないとインゲンと交代は出来ない。インゲンは
花が咲き始めたりするが、まだだろうな・・。大きなものは2mの網を越えて中央ポールに
絡みついているが、葉が育ってない。
ハウスの春菊が見事な花壇になっている。菊の花束もできそうなほど。抜くつもりでいたが
ここまで見事に咲きほこられると忍びない。菊と言う花も仏壇を連想させてしまうしね。

この雨で深谷ネギの余り苗が元気に立った。現金と言えば現金である。ワシのジョーロの水では
こうはならない。
初期に植えたものは結構太くなってきたが。こいつは普通のネギではない。まだまだだ。
シイタケのホダ木はその後一切の成長が無かった。結局最初の小さなシイタケ3個でおしまい。
頻繁に水を掛けたり面倒を見たが、結局今となっては最早単なる木。菌糸が全部死んでしまった
のだろうなあ。今年は負けと言う事で・・。
 

雨に煙る・・はあ・・なるほど

 投稿者:ふるふる  投稿日:2017年 7月16日(日)13時17分12秒
  女房が街に出ると言うので、駅まで送ってその足でジャンボまで行った。雨は本格的に降って
いるので、様子見に行ったんである。
「よかよか、このタイミングで雨は吉だな。」
傘を差して畑を回り、大根畝の小大根を3本程抜いたところで、急に雨足が強くなった。
ジャンボに退避。大根はミニコンに入れて雨にさらした、雨で土落としはどうかと思ったんで
ある。・・ところが、雨は益々強烈になり飛沫が霧の如く漂っている・・ああ、雨に煙るって
こんな状態を言うんだろうなあ・・アスファルトなら、ホントに煙るかも知れないな・・。
一時間に80ミリの雨だったらしいが、こっちはそれどころで無かった。
シャッター回りが冠水し始めたんである。車のタイヤが水に浸かる・・もう長靴でなくては
車には乗れない。それにしても、こんな早く冠水する?畑を見てもこの感じはない。
畑からの水はシャットしてあるのに・・・。原因は農道だった。農道の轍の水が一番低いこっち
に流れ込んでいるのだった。
雨の中、ツルハシで農道に横溝を掘り川の方に流れるようにした。あくまで暫定処置ではあるが
冠水がそれ以上増水するのは治まった。晴れたら本格的に工事しなくっちゃならん。
大雨の度に酷い冠水はお断りである。畑からの水より、殆ど農道からの流れ込みが冠水の原因
であると分かった以上対策をせねば。

上から下までずぶぬれ。上を脱いで冬用のジャンバーを裸に着た。下はどうしようもない。
車に乗り込むのにも運転席は池の真ん中なので、助手席から乗り込む。
家に戻ると・・またワシの枕が洪水にあってた。雨だと分かってて、なんで窓を開けっぱなし?
雨の降り始めは西窓は吹き込んでいなかったけど・・風って回るもんだと散々言ってあるのに。
雨の日は窓は全部閉める・・それだけの事じゃんかあああああ:怒。
「お姉ちゃん窓見にいってたよね?」「音してなかったかったから・・」
「音じゃなくってカーテン開けろよ!お陰でビシャビシャじゃねえか。」
「父ちゃん、枕に扇風機の風当てておいたから・・しかし枕ベトベトしてたよ大丈夫?」
「濡れてサラっとしてる低反発枕なんかあ、あるかあああ:怒2」
 

境界線完了

 投稿者:ふるふる  投稿日:2017年 7月15日(土)19時45分53秒
  今日もテーラーを走らせ速度が遅くなる浅い部分を無くした。更に段差になる横にもテーラーを
入れた。その上で培土器を走らせたが、この培土器では山は作れない。高さは元のまま、エグ
っているだけで背が高くはならない。土寄せをするのにもう1本走らせ、その三角畝を境界に
均し棒で盛った。小さな山ではあるが、確実に雨水を防げる。ここの土は一度雨が降ってから
乾燥すると表面がカチカチになる。明日の午後からは雨予報なので、それを待つ。
今日も30℃越えだったが、風が少しあったので助かった。土盛り作業は疲れるので、ディレク
ターチェアを持ち出し、何度も休み休みの作業だった。別に急ぐ事でもないしね。
必死に作業なんて最初からやる気はない。

網小屋の残り10mを縫い終わった。何処から侵入したのか黒い蝶が飛び回っている。こればかり
はどうしようもない。
以前、ハトが一羽ジャンボに迷い込んで来た事がある。天井には通風孔が3か所あるので、そこ
から出て行ったと思うが、その後の行方は知らない。何の因果か・・と思う。
近頃、ハウスの中にスズメが入っている事が多くなった。鳥よけの綿糸が張ってあるのだが
スズメには効かないらしい。キラキラテープが欲しいのだが結構高価なのだ。
先日100円ショップでラメテープを見つけて買ってみたが、裏がノリになっていて使えなかった。
・・綿糸に取りつける?そのアイデアもあるな・・。やってみよか:笑。
 

やっぱ腐れてるな隣り

 投稿者:ふるふる  投稿日:2017年 7月14日(金)17時10分37秒
  「お互い様」とか言って、こっちにトラクター入れる事を要求しておきながら、結局向こうは
何もしない・・つまりお互いになってないやん。
隣の畑との間にトラクター幅の1m強のベルトを作って草がこっちから移らないようにしている。
まして畦に草を生やさぬように全面トラクターを入れたり、今やワシの畑に畝以外の草はほぼ
無いと言って良い。つまり、今の隣の畑の草はこっちから移ったものではない。
デメン(アルバイト)を使って草取りさせているが、ワシとの畑の間の草だけ残している。
その部分はもう隣の畦である。こっちが草を生やさぬようにしているのに、クソである。
無論ワシは関わらない。
今日もそのベルトにトラクターを入れ、更に際にテーラーを走らせた。トラクター深さでは
培土器が効かないからである。往復させたがまだ足らないので、明日に持ち越した。
テーラー速度が落ちる部分は深さが足りていないからで、もう1往復は必要だろう。
テーラーが滑らかに通れば、目一杯深く掘り起こして三角畝にできる。今回は以前から考えて
いたように畝を立てる。これで隣からこちら側に雨水が流れ込むのを防止できる。
ハウスの向こう、ジャンボ側は前回施工した。元豆畑のこっち側は距離が3倍から4倍はあるので
前回は尻込みしたんである。このお互い様じゃあない光景を見て完全に頭に来たので杭は
止めたが、境界が必要な事が良く分かった。
来年はここに土を入れて、更に明確にしようと思う。客土のせいなんだろうな、隣の畑の方が
土地が高いんである。今のままでは「泥を盗むつもりか」と言われても反論できない。

昼からVIVIOで師匠の工場に行った。今日測ったら2.1に統一しておいた空気圧が左後輪で1.4、
右後輪で1.9に落ちていた。前輪は問題なし。師匠に見て貰ったら、左後輪は口ゴムの横から
漏れが見つかったので口を交換。右後輪は不明・・空気圧を少し高めにしてもらった。
「ラリー車みたいにチューブ入れよか・」「それするならタイヤ買え!」そりゃそうっす:笑。
「燃料タンク、もう一度見てみたいけど・・今日は暑いからパス・・」:汗。
26日(水)にサーキット走行の予定だが、どうも29,30にある86レースの走行練習が重なる
可能性があるらしい・・走る障害物になりかねない:汗。一周20秒違えば5~6周でラップ
されるからで、台数走られるとこっちがクリアラップを取れない可能性が大きいからだ。
向こうもこっちも練習にならないのである。
今のところワシのVIVIOは満タンから9周が限度。その中で3回も4回もクリアラップを消されると
全く意味がない練習走行になってしまう危険が高い。来ないでくれ86さん。

師匠のとこから畑に直行。網の縫いを始めたが・・やっぱ飽きる:笑。残り10m・・明日だな。
 

網小屋?ほぼ完成

 投稿者:ふるふる  投稿日:2017年 7月13日(木)18時02分8秒
  天井に金網を乗せた。前後と中間の2か所の門形部分はフラットだがその間は垂れ下がっている
感じ・・でも金網、少し硬性感がある:笑。金網は10mなので、残りは網で覆うしかない。
防風網の上側に回す網を二階から下ろした中から決めなくてはいけない。杭がついている初期の
囲い網は使えそうもない。色落ちしているうえ杭を取り去るだけでも面倒。
綺麗に巻かれた新しい網があるので。それに決めて周囲に回した。一周約30m程だが余裕が
あるので折り返して天井に上げた。金網と交差させ4.6m先の門の上にロールを乗せた。
このロールは最終的にビニールで覆い針金で結んで固定。使ってもいない部分を雨風にさらす
訳にも行かない、勿体ない。かと言って切ったら猶更勿体ない。
天井の網や金網と横に蒔いた網とを包装用の針金入りリボン(名前忘れた)で15センチ間隔で
くっつけた。やたら地道な作業だが、30℃越えの晴天時作業はこんな程度が限界だろう。
午後からは下の防風網との接続作業・・これが結構面倒臭い。作業してない部分から手を裏に
回しての作業になってしまう。暫くして飽きた:笑。
一番暑い時間だが、水遣りを始めた。朝にやるのを忘れていた:汗。イチゴはぐったりしてる。
弱ネギの退避畝のネギもぐったり。新畝の植えた苗は消えそうになっている。
野菜畝の新しい春菊と水菜は元気に育っている。ハウスの中の春菊は既に花壇に早変わり。
ミツバとの間に蒔いたニラは見る影もない。この土地はニラには合わないようで、育ちが悪い。
種採り玉葱畝に移植したニラも全然育っていない。肥沃な土地でしか育たない雑草?なの?

細い針金を見つけたので短く切って端を折り返し、畑に張る糸を通した。そこをセロテープで
巻いて細くした。防風網と回した網の下端を外から縫うようにした。これも結構地道な作業
だが、外からの作業だけで出来る分楽ちん。5m程縫ったところで飽きた:笑。
明日に持ち越しだ。
ハウス側の出入り口は上半分に網を一周させたので防風網の高さしか空きがない。色々考えた
のだが、結局コンパネでふさぎ、倒れないように手前に杭を打った。横にずらせば簡単に出入り
できる。この網小屋はキツネからの防護なので十分だろう。鶏も飼えるな・・:笑。
一日網小屋作りで終わってしまった。
 

レンタル掲示板
/165